ページの一部でマイナビ等の広告が掲載されています。
企業別年収

PwCの年収は?年齢・役職別にわかる実態と全注意点

「PwCの年収はどのくらい?」「どのように上がっていく?」など、PwC Japan有限責任監査法人(以下、PwC)の年収が気になっていませんか?

PwCの正社員の平均年収は780万円で、監査法人の中でも高いです。しかし、高い年収の裏に、働く上での注意点もあるので、これからPwCで働こうという人は知っておく必要があります。

このページでは転職エージェントとして数多くの人の転職支援をしてきた筆者が、PwCの年収について、知っておくべきことを下記の流れで紹介します。

  1. PwCの年収は?年齢・役職別にすぐわかる
  2. PwCの年収以外の評判・働きやすさについて
  3. PwCはそもそもどんな会社か
  4. PwCへの転職を目指す人へ|採用・求人情報
  5. PwCへ転職する際におすすめの転職エージェント
  6. PwCへの転職でエージェントを最大限活用するためにすべき9つのこと

最後まで読めば、PwCの年収はいくらか、年齢・役職別にはどうなのか、他社と比べてどうなのかまで、PwCの年収の全てがわかるでしょう。

著者:I.J(現役転職エージェント)
著者情報を詳しく見る

ij
30代の現役転職エージェントで、当サイトの発起人。

新卒で大手エージェントに入社。求職者向けのキャリアアドバイザーを経験後、法人担当(採用企業側の担当)も経験する。

累計3,000名以上の求職者をサポートしてきた経験を活かし、他社勤務も経て、現在は大手エージェントの、求職者のサポート部門でマネージャーを行う。

匿名だからこそ発信できる業界の裏事情など「綺麗事では語れない、転職する人に真に価値のある情報を」という思いでこのサイトを立ち上げた。

1. PwCの年収は?年齢・職種役職別にすぐわかる

PwCの正社員の平均年収は、780万円です。

これは監査法人の中でも高水準ですが、一緒に検討される4大監査法人は年収に大きな差はありません。

1-1. 年齢別の年収水準

口コミサイトを元に集計すると、PwCの年齢別の給与の平均値は以下の水準です。

25歳 600万円~650万円
30歳 650万円~700万円
35歳 800万円~850万円
40歳 950万円~1,000万円
45歳 1,050万円~1,100万円
50歳 1,050万円~1,100万円

役職、残業時間によっても左右されますが、平均すると、上記の水準になります。なお、PwCの平均残業時間は36時間です。

1-2. PwCの給与の口コミ・満足度のまとめ

PwCの社員の口コミを分析した結果、給与面で下記4つの傾向があることがわかりました。

  • Big4の中では平均的なので、大きな不満はない
  • 役職によって給与テーブルが決まっており、年次での昇給はほとんどない
  • 他のBig4に比べるとベース給与の割合が高い
  • マネージャーまではほぼ横並びで昇格できる
  • マネージャー以上への昇格が難しく、年収が伸び悩むという人は多い

待遇に関する評価は人気企業300社の平均相当です。

特に多い口コミは、Big4の中では平均的なので、大きな不満はないというものです。

役職によって給与レンジが決まっており、年次での昇給はあまりありません。

年収におけるベース給与の割合が他のBig4に比べると高く、ボーナスの割合が少ない傾向です。

マネージャーまでの昇格は年功序列の色が強めで、タイトルが上がるごとに給与も上がっていきます。

ただし、シニアアソシエイトまでは固定残業代が支払われるため、繁忙期となると裁量労働制となった新人マネージャーよりも月収が高くなる場合があります。

また、職位が上がるごとに年収におけるボーナスの支給額による差が出やすくなりますが、パートナーになれるのはごく一部となっています。

1-3. 同業他社との年収比較

士業の平均年収は、409万円(転職サイト「doda」調べ)ですから、PwCの正社員の平均年収は業界内でもかなり高い水準と言えます。

一緒に検討される企業と比較すると下記の通りで、一緒に検討される4大監査法人は年収に大きな差はありません。

平均年収 平均年齢 平均勤続年数 待遇の口コミ評価
PwC 780万円 32.7歳 3.4
.有限責任監査法人トーマツ 780万円 32.05歳 3.4
.EY新日本有限責任監査法人 770万円 32.2歳 3.3
.あずさ監査法人 780万円 36歳 11.0年 3.5

※各社最新のIR情報・就職情報サイト・口コミサイトを参考に作成

PwCをはじめ複数の監査法人は平均勤続年数を公表していませんが、「あずさ監査法人」と同じ位と考えて差し支えないです。

1-4. 役職別の年収

PwCの役職別の年収の目安は、それぞれ下記の通りとなっています。

役職目安 年収目安
アソシエイト 500万円~550万円
シニアアソシエイト 700万円~750万円
マネージャー 950万円~1,000万円
シニアマネージャー 1,300万円~
ディレクター 1,600万円~
パートナー 2,000万円~

1-5. 職種別の年収

PwCにおいて給与を決めるのは役職グレードですから、PwCで募集している職種で年収は変わりません。

ただし、バックオフィス系の職種はグループ内の”PwC Japan合同会社”で募集を行っており、そちらの求人の場合は年収は低くなる傾向があります。

以下は、過去の求人における年収イメージの一例です。

  • 会計監査/アドバイザリー:500万円~
  • 金融機関向けシステムアドバイザリー<アソシエイト>:500万円~650万円
  • アクチュアリー/アドバイザリー業務および監査業務(FS-INS AS):529万円~1,370万円
  • PwC Japan合同会社での募集(グループ内の人事):400万円~650万円

1-6. PwCの評価制度

PwCでは定性面・定量面でのパフォーマンスをもとに評価されると考えましょう。

評価基準は、役職によって以下の通りとなっています。

  • シニアアソシエイトまで:プロジェクトでのパフォーマンス(コンピテンシー・評価シートによる5段階評価)及び稼働率
  • マネージャー以上:プロジェクトでのパフォーマンスおよび、売上と売り上げへの貢献率

評価に関する社員からの口コミでは、以下のような声があります。

  • グローバルの基準はあるものの、基本的にはフィードバックをベースにマネージャー以上の合議制で昇格が決まる
  • 上位職に上がるためには、パートナーに気に入られているなど人間関係が大事だと感じる
  • 監査部門においては、業務だけでは差がつきにくいので社内活動で差をつけるしかない

1-7. PwCで年収を上げるポイント

評価制度を踏まえ、PwCで働きながら年収を上げるためには、下記3点が重要です。

  • プロジェクトでの成果を上げて評価されやすくしておく
  • プロジェクトの上司やパートナー陣へのアピールを怠らない
  • マネージャー以上は特に、パートナーなどとの人間関係を深めておく

逆に言えば、「上記を行う自信がない」という方は、PwCでは大幅な年収アップを期待できないので、他社をおすすめします。

1-8. PwCの福利厚生

PwCの福利厚生は下記の通りとなっていて、大手ならではの高水準といえます。

休暇 -完全週休2日制(休日は土日祝日)
-年間有給休暇20日~20日(※入所初年度の有給休暇は入所月により案分)
-年間休日日数120日
-年次有給休暇
-リフレッシュ休暇
-傷病休暇
-特別試験休暇
-慶弔休暇
-出産/育児/介護関係休暇・休職等
住宅関連 -なし
年金・財形関連 -確定拠出年金制度
-公認会計士企業年金基金
退職金 -あり(確定拠出年金制度)
その他 -慶弔給付金
-健康サポートライン、EAP(Employee Assistance Program)
-傷病手当金
-長期所得補償保険
-契約施設・ホテル・スポーツクラブ等割引利用
-各種クラブ活動
-ジョブ(法人内)ローテーション
-Open Entry Program(異動支援制度)
-人材公募制度
-キャリアコーチ制度
-通年カジュアル制

大手とはいえ、住宅関連の福利厚生がない点には注意が必要です。

2. PwCの年収以外の評判・働きやすさについて

口コミサイトをもとに社員からのPwCの評価をまとめると、下記の通りです。

評価
待遇 3.4
ワークライフバランス 3.1
キャリア・成長 3.7
やりがい 3.4
職場の雰囲気 3.8

ここまで紹介してきた待遇(給料や福利厚生)以外の下記4項目について、社内からの内部事情も含め、紹介していきます。

  1. ワークライフバランス
  2. 成長・キャリアアップ
  3. やりがい
  4. 職場風土

2-1. ワークライフバランスに関する口コミ

  • 監査法人ということもあり、繁忙期はワーク中心の生活となる
  • 役職が上がると、ハードーワークを余儀なくされる
  • 閑散期は有給休暇の取得もしやすく、長期休暇を取る方も多い
  • アドバイザリー業務は忙しさはプロジェクトにより、M&A関連はハードになりやすい

ワークライフバランスに関する評価は人気企業300社の下位相当です。

特に多い口コミは、監査法人ということもあって波はあるが繁忙期はワーク中心の生活になるというものです。

役職が上がるほど忙しくなりやすい傾向がありますが、監査の繁忙期にはシニアアソシエイトでも月間100時間ほどの残業が発生するケースもあります。

マネージャー以上の役職についてはさらに忙しく、土日や昼夜問わず働いている方もいます。

ただし閑散期は業務量は大きく減り、有給休暇の取得などもしやすくなります。

長期休暇の取得を会社として推奨していることもあり、落ち着いたタイミングで取得する方も多いです。

アドバイザリー業務の場合はどのプロジェクトで働くかによって大きく変わりますが、M&A関連となると忙しく、監査チーム同様にマネージャー以上の役職は忙しくなりやすい傾向です。

なお、会社全体の残業時間の平均は月間36時間ほどとなっています。

2-2. 成長・キャリアアップに関する口コミ

  • 監査やアドバイザリーに関する知見が豊富なので、実務を通してたくさんのことが吸収できる
  • 若手のうちから責任のある仕事を任せてもらえたので、成長した実感が持てる
  • 研修体制が非常に充実しており、海外赴任などのチャンスもある

成長・キャリアップに関する評価は人気企業300社の上位相当です。

特に多い口コミは、監査に関する知見が社内に溜まっているだけでなく、大手クライアントの監査業務の経験が積めるというものです。

担当するクライアント・チームは巡り合わせによりますが、働く中で監査業務そのものや会計を通してクライアントのビジネスについて理解が深まったと話す方が複数いました。

また、監査チームに公認会計士として入社した場合、若いうちからクライアントの財務部長などを相手にコミュニケーションを行えるなど、責任のある仕事を任せてもらえる機会も多いです。

そして、研修体制も充実しているほか、リスキリングを支援する制度や海外赴任などのチャンスもあります。

2-3. やりがいに関する口コミ

  • 大手企業を相手とした、大規模な監査に関与することができる
  • 取引先の部長クラス以上へのヒアリングや提言など、若手のうちから責任のある仕事を任せてもらえる
  • 監査やアドバイザリーの知見が豊富に溜まっているので、インプットを得やすい
  • アドバイザリー部門は、案件の幅が広いため希望と異なる案件へのアサインが多くなることも

やりがいに関する評価は人気企業300社の中でも平均からやや下位相当です。

特に多い口コミは、配属にもよるが大手企業を相手に仕事ができるというものです。

取引先の部長クラスと直接話す機会も出てくるなど若手のうちから責任のある仕事を任せてもらえます。

また、社内には監査をはじめアドバイザリーの知見も溜まっており、成長に前向きであればたくさんの事例を吸収することもできます。

ただし、アドバイザリーに関しては、リスク監査を希望していたが、システム監査ばかりの案件へのアサインが多く希望の業務経験が積めないといったケースもあります。

2-4. 職場の雰囲気・人間関係に関する口コミ

  • 風通しが良く、若手であっても発言しやすい雰囲気
  • チーム単位で仕事をしプロジェクトでの上司やメンバーも変わるなど、ドライな人間関係
  • 意思決定はトップダウン
  • ハラスメントには非常に厳しく働きやすい環境となっている
  • 監査法人ということもあり、公認会計士の資格保有者の発言権が強い

職場の雰囲気・人間関係に関する評価は人気企業300社の上位相当です。

特に多い口コミは、風通しがよく、役職問わず発言しやすい雰囲気があるというものです。

クライアントごとのチームで働いているため、直属の上司・部下といったような関係ではなく、どちらかというと人間関係はドライです。

なお、意思決定はパートナーによるトップダウンの傾向があります。

そして、ハラスメントには非常に厳しいなど、法令遵守の意識が強いと答える方が非常に多いです。

また、監査法人ということもあって公認会計士の資格保有者の方が発言権が強くなりやすい傾向です。

このほか、参考までに自社採用サイトで公開している、会計チームの人となりに関するアンケート(PwCの自社調べ)によると以下のような結果が出ています。

画像引用元:PwC

参考:PwCから転職で出ていく人の事情やキャリア

PwCは、高い報酬や知名度などから人気の企業です。

しかし、以下のような理由で転職を検討されています。

  • マネージャ以上への昇格が非常に難しい
  • ハードワークに耐えることができない
  • 監査以外の業務にチャレンジしたい
  • 公認会計士の資格を保有していないので社内でのアップサイドが望めない
  • もともと公認会計士として独立することを視野に入れていた

PwCから幅広い業界へ転職されており、以下のようなキャリアへ転職・独立される方がいます。

  • 大手事業会社の経理部門
  • ベンチャー企業のCFOや財務系のポジション
  • 総合コンサルティング会社
  • 公認会計士として独立

参考:PwCとあわせて検討される企業との比較

PwCとあわせて検討されてるのが、以下の企業です。

それぞれの会社の社内からの評価を比較すると、以下の通りになり、最高得点を赤字にしています。

待遇 ワークライフバランス キャリア成長 やりがい 職場の雰囲気
PwC 3.4 3.1 3.7 3.4 3.8
.有限責任監査法人トーマツ 3.4 3.1 3.5 3.6 3.5
.EY新日本有限責任監査法人 3.3 3.1 3.4 3.3 3.2
.あずさ監査法人 3.5 3.2 3.5 3.4 3.5

上記の通り、一緒に検討される4大監査法人の中でも、キャリア・成長や職場の雰囲気面を求める方向けの企業と言えます。

私が転職エージェントとして聞いた実際の社員の声

私が転職エージェントとして働く中でも、元社員の方から、以下のようなコメントをよく聞きます。

  • 大手監査法人ということもあり、大手クライアントの監査を経験することができる
  • 研修などが充実しており、ビジネスパーソンとして成長した実感が持てる

ただ、「監査法人ということもあって繁忙期は非常にハードワーク」などの不満を持つ方もいます。

過去にサポートした中でも以下の理由で転職を希望される方もいたため、この点には注意しましょう。

  • パートナーまでの道のりが非常に長いうえに、激務が続くのでキャリアを見直したい
  • 事業会社の経理などで監査法人の経験を活かしたい

3. PwCはそもそもどんな会社か

引用:Google Maps

PwCは、PwC Japan グループの監査法人です。

監査・保証業務のほか、各種アドバイザリーサービスを提供しています。

会社ホームページ:https://www.pwc.com/jp/ja/about-us/member/assurance.html

3-1. 会社概要

社名 PwC Japan有限責任監査法人
(旧:PwCあらた監査法人)
創業 2006年6月1日
※PwC Japan有限責任監査法人としての業務開始は2023年12月1日
代表者 井野 貴章
従業員数 3,380名(2023年12月1日現在)
本社所在地 東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング
事業内容 監査及び保証業務、ブローダーアシュアランス(アドバイザリー)

3-2. 事業内容

PwCの事業内容は以下のとおりです。

事業内容
監査・保証業務 財務諸表監査など会計士の独占業務
アドバイザリー ブローダーアシュアランスサービス
(BAS:監査以外の、非財務情報にもかかわる幅広いアドバイザリーアシュアランス業務)

監査・保証業務をはじめ、アドバイザリー業務などを提供しています。

3-3. トップメッセージ

引用元:PwC

地政学的リスクが高まり、エネルギーや気候変動問題における分断が行われる中、生成AIの利用が爆発的に進むなど、社会のルールが急速に変化しています。

そして、既存のルールではこのような変化に対応できず、「信頼の空白」が生まれています。

PwCのパーパスは「社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する」ことにあります。

不確実性が加速度的に高まる社会において、アシュアランスの技術を活かして「信頼の空白」域を埋め、社会の信頼づくりに貢献するべく、2023年12月に以下の2社は一つとなり、PwC Japan有限責任監査法人として業務を開始しました。

  • PwCあらた有限責任監査法人
  • PwC京都監査法人

PwCのパーパスを共有するネットワークファームでしたが、統合によってそれぞれの強みを活かし、より強い組織へと変化していきます。

3-4. 今後の事業展開

今後の展望としては、監査業務の品質をより一層高めることに注力予定です。

PwCは世界中で共通の監査手法により、各国の事業環境を踏まえながらもグローバルで一貫した高品質の監査を提供しており、ガバナンスについても日々改善を行っています。

また、非監査の領域においては、サステナビリティ情報開示の議論が急速に進む中で、開示に関する取り組みへの支援や、その情報の信頼性を担保する保証のあり方についても積極的に参加し、信頼づくりに貢献していく見込みです。

スマートシティなどでGPSやIoTなどから得られるあらゆるデータの信頼性を確保する仕組みの構築の研究をはじめるなど、「信頼」を提供するトラストサービス構築のための研究・開発体制を強化予定です。

参照元:PwC

3-5. PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、ロンドンに本社を置く、世界的な会計事務所である「プライスウォーターハウスクーパース」のメンバーファームの日本における総称です。

なお、各メンバーファームおよび関係法人は、それぞれ法的に独立した別個の組織となっています。

また、PwC Japan有限責任監査法人は、日本における「PwCJapanグループ」の監査法人です。

PwC Japanグループの主要会社は以下のようなものが挙げられます。

会社名 主な業務領域
PwC Japan有限責任監査法人 監査および保証業務、ブローダーアシュアランスサービス
PwCアドバイザリー合同会社 財務アドバイザリー
PwCコンサルティング合同会社 コンサルティング
PwC弁護士法人 法務業務
PwC税理士法人 税務
PwCリスクアドバイザリー合同会社 リスクアドバイザリー
PwC Japan合同会社 メンバーファームのコーポレート

なお、PwCJapan グループの執行業務に関しては、各領域の責任者とPwCグローバルネットワークパートナーによって行われています。

4. PwCへの転職を目指す人へ|採用・求人情報

ここまでの内容を踏まえ、PwCへ転職したいと考えている方に向け、PwCの採用・求人情報を紹介します。

新卒・未経験でPwCを目指す、という方は新卒・定期採用ページ(https://www.pwc.com/jp/ja/careers/assurance/campus.html)からプレエントリーをし、情報を得ましょう。

4-1. PwCの採用職種

PwCの職種は大きく分けると下記の3種類です。

会計士 監査、アシュアランス業務
アクチュアリー アクチュアリー
アドバイザリー リスク戦略コンサルタント、経営管理コンサルタント、サステナビリティコンサルタント、ビジネスリスクコンサルタント

上記のように複数の職種がありますが、どの職種でも幅広く募集を行っています。

具体的に出ていた求人を以下で紹介します。

4-2. 求人情報

過去に「MS Agent」「doda」「リクルートエージェント」「JACリクルートメント」といった大手転職エージェントや「キャリア採用ページ」で募集されていた求人情報をご紹介します。

会計士

求人概要 予定年収 勤務地
会計監査/アドバイザリー 500万円~ 東京都千代田区、大阪府大阪市、愛知県名古屋市

会計士の場合、東京をはじめ大阪や名古屋など様々な勤務地で募集を行っています。

アクチュアリー

求人概要 予定年収 勤務地
アクチュアリー/アドバイザリー業務および監査業務(FS-INS AS) 529万円~1,370万円 東京都千代田区※リモート相談可

アクチュアリーのポジションでも募集を行っています。

アドバイザリー

求人概要 予定年収 勤務地
リスクコンサルタント 700万円~1,200万円 東京都千代田区※リモート相談可
IT監査・リスクアドバイザリー 680万円~1,200万円 東京都千代田区※リモート相談可
金融機関向けシステムアドバイザリー<アソシエイト> 500万円~650万円 東京都千代田区※リモート相談可
リスクモデリング・リスク戦略コンサルタント(GRC) 529万円~1,300万円 東京都千代田区※リモート相談可

アドバイザリー職の場合、リスクコンサルタントやシステム監査などのポジションで募集を行っています。

4-3. 採用メッセージ、求められる人物像

中途採用ページにおける代表メッセージの中で、求める人物像と活躍しているスタッフ像を以下の通り挙げています。

求める人物像

求める人物像として、Integrity(誠実であること)を特に重視しています。創造性に優れた方であっても、信頼できない人柄だとしたら、私たちの仕事には向かないと考えています。社会からの信頼を確立するためには、私たち自身がまずは社会から信頼される存在であることが必要だからです。

活躍しているスタッフ像

活躍しているスタッフに共通しているのは、Will(やりたいこと)を持っていることです。入社後は全スタッフに対し、キャリアアドバイザーの役割を担うコーチが割り当てられますが、全てのキャリア構築は自身のWillが出発点にあると考えています。

引用元:PwC

また、グローバルで定めている、PwCのプロフェッショナルに求める行動特性を以下の5つとしています。

  • Whole Leadership:自らを高めるとともに、他者をリードし、責任ある・信頼ある・レジリエントな・オープンな・情熱ある行動で差別化された結果をもたらします
  • Relationship:誠実さや信頼に基づいた価値ある関係を構築しています
  • Global Acumen:地理的・文化的な境界を超越する物の味方・考え方をもってクライアントおよびPwCに効果的に業務を遂行し、他社と協業しています
  • Business Acumen:ビジネス知識・イノベーション洞察力をもってクライアントおよびPwCに差別化された価値を創出します
  • Technical Capabilities:幅広い専門性をもってクライアントおよびPwCに品質と価値を提供します

 

引用元:PwCあらたPwC

上記を踏まえると以下のような点をアピールすると良いでしょう。

  • 誠実に業務に取り組むことのできる人物であること
  • 自分自身のやりたいことを明確に持っている人物であること
  • 強いリーダーシップを持ち、職務を全うできる人物であること
  • プロフェッショナルとして常に自己研鑽を積んでいる人物であること
  • 高いコミュニケーション能力を有し、チームプレーで仕事を進められる人物であること

逆に言うと、上記のスキル・性格、実績がない場合、転職は難しく、たとえ入社できてもミスマッチがおき、後悔する可能性がありますから注意しましょう。

4-4. PwCの転職難易度

PwCへの転職難易度は「高い(高度なスキルや経験が必須)」です。

中途採用を積極的に行っていて、高い知名度や成長環境の高さなどから、転職先としても人気の企業で、高い倍率を勝ち抜かなければいけません。

そのため、以下を徹底しないと合格は難しいでしょう。

  • 自分の経験、スキルに合ったポジションに応募する
  • 求める人物像を理解し、活躍できる人材であることをアピールする

4-5. PwCへはどうやって応募すべきか

PwCに応募するには、以下の3つの方法がありますが、必ず転職エージェントを使い応募しましょう。

転職エージェントを使うべきなのは、以下の点でPwCの転職に有利になるからです。

  • インターネット上に出ていない、PwCの非公開求人に応募できる
  • PwCの傾向を踏まえた選考対策(面接対策、書類添削)をしてくれる
  • PwC側にあなたの魅力を伝え、プッシュしてくれる
  • 内定時に給与交渉をしてくれる

ページの後半で、転職エージェントについて詳しく解説をしますが、PwCに転職したい方が使うべきエージェントは下記の5社です。

上記の中から3社に登録し、「PwCに転職したい」と伝え、サポートを受けましょう。

上記エージェントは先ほどPwCと比較した他社への転職にも強いので、他社に応募する際にも使えます。

5. PwCへ転職する際におすすめの転職エージェント

実際に、PwCの転職を目指す際に使うべきエージェントは下記の5つです。

この中で3つに登録し、PwCやその他希望する企業に転職したいと相談しましょう。

これらを選んだ理由は下記3つです。

  • 大手で求人数も多く、PwCの求人も持っている可能性が高い
  • PwCへの転職を有利にするためのノウハウを持っている
  • 提案力・交渉力が高く、転職の強い味方になってくれる

1つずつ解説しますから、この中から3社に登録し、相談しましょう。

5-1. MS Agent

ms_agent

MS Agent」は、経理をはじめとした管理部門や、士業の転職に特化した転職エージェントです。

30年以上と、特化型エージェントの中でもトップクラスの実績を誇ります。

経理部門の紹介は一任する企業も多く、未経験からベテラン向けまで豊富な求人があるので、監査法人への転職には外せない1社です。

MS Agent公式ページ:https://www.jmsc.co.jp

5-2. リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント」は、業界最大手のリクルートが運営する転職エージェントで、求人の量・転職実績共にトップクラスです。

大手中心に良質な求人が多く、サポート体制も整っていることから利用者からの評判は抜群にいいです。

過去の転職実績も豊富で、社内にデータやノウハウが蓄積されているだけでなく、企業とのパイプも強いので、PwCなどの人気企業に行きたい場合は必ず相談すべきです。

リクルートエージェント公式ページ:https://www.r-agent.com/

5-3. doda

doda」はパーソルキャリアが運営する、業界2位の実績と豊富な求人を持つ転職エージェントです。

求人数・提案力・交渉力・サポート全てが高水準で、非常にバランスがよく、当たり外れが少ないエージェントとも言えます。

リクルートエージェントよりは求人数が少ないものの、一人一人の登録者にきめ細かいサポートをしてくれると好評です。

doda公式ページ:https://doda.jp/

5-4. マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント」は、マイナビが運営する、近年急速に力をつけてきた転職エージェントです。

新卒で多くの学生が使っている「マイナビ」の実績もあり、若年層向けの求人や企業とのパイプは豊富にあるので、30代までの方は積極的に使いましょう。

サポート面で、とにかく丁寧という声も多いので、他社で思うようなサポートを受けられなかったという方にもおすすめのエージェントです。

マイナビエージェント公式ページ:https://mynavi-agent.jp/

5-5. JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメント」は、ハイクラス専門の転職エージェントです。

ハイキャリアの転職で真っ先に名前が上がる老舗で、企業側も「管理職」「高待遇の専門職」などハイクラスな求人はJACにだけ相談していることも多いです。

PwCへの転職を目指す方の中でも年収800万円を超えるポジションを目指す方は、JACも使うことで、より高待遇な求人が見つかるでしょう。

ただし、ハイクラスな人材でないと判断されると十分なサポートを受けられませんので注意しましょう。

JACリクルートメント公式ページ:https://www.jac-recruitment.jp/

6. PwCへの転職でエージェントを最大限活用するためにすべき9つのこと

ここでは、おすすめした転職エージェントを、最大限活用するためにすべき以下9つのポイントを紹介していきます。

  • 最初の申し込みを丁寧に行う
  • 希望の転職時期は「1日でも早く」と答えておく
  • 経歴・スキルに嘘はつかない
  • 複数のエージェントを使っていることは隠さない
  • 少なくとも2週に一度はコンタクトをとる
  • 担当者が使えないと判断したら付き合わない
  • 「推薦状を見せて欲しい」と伝える
  • 「転職したら3年は頑張りたい」と言っておく
  • 最低限のマナーは守る

6-1. 最初の申し込みを丁寧に行う

優秀な担当者をつけてもらうために、登録時の情報入力は省略せず、できる限り丁寧に行いましょう。

入力が適当だと、「この人は転職するかわからないから、実力ある担当をつけるのはもったいないな。新人に任せてみよう。」となり、優秀な担当がつかないリスクがあるからです。

下記を意識し、転職への熱意を伝え、優秀な担当をつけてもらいましょう。

  • 入力が任意の箇所でもできる限り全て埋める
  • 転職予定時期を選ぶ箇所があれば、「すぐにでも」やそれに近い回答を選ぶ
  • 経歴を書く場面があれば、強みになりそうな経歴は省略せずに書く

6-2. 希望の転職時期は「1日でも早く」と答えておく

最初の面談でも、エージェントに希望の転職時期を聞かれますが、「1日でも早く転職したい」と答えておきましょう。

エージェントは内定が決まって初めて企業から手数料がもらえ、それが個人のノルマになったり、ボーナスを決める要因になります。

以下のような方はどんなに優秀でも、自然と対応の優先度が下がります。

  • 転職予定がかなり先
  • そもそも転職への意欲が低い

すぐにでも転職したい意思を伝えることで、「早く売り上げにつながる人」と判断され、優先的に対応してもらうことができます。

6-3. 経歴・スキルに嘘はつかない

求人を紹介するにあたって最初に経歴やスキルを聞かれますが、なるべく嘘のない回答を心がけましょう。

転職エージェントにとっては、転職する本人だけでなく、手数料をくれる企業側との関係も大事です。

いざ働き始めてから「紹介された人材が話と違う」となると、エージェントは企業からの信頼に傷がつきます。

やり取りの中で嘘がわかると、企業との関係が悪くなるのを恐れて求人紹介が減るため注意しましょう。

6-4. 複数のエージェントを使ってることは隠さない

転職エージェントを複数使う場合、他社も使っていることは、それぞれに隠さず伝えましょう。

言いにくいと感じるかもしれませんが、隠すのには以下のリスクがあります。

  • あなたの希望求人のイメージに誤解が出る
  • 結果として、的外れな求人紹介ばかりになる

すでに他社で応募した求人を紹介されたときに、隠していると「すでに応募済み」とは言えず、適当な理由で断るしかなくなります。

これを繰り返すと、本当はあなたに合った求人も、「前に似た求人を断られたな」と思われ紹介されなくなり、希望とズレたものばかり紹介されるようになります。

こうならないためにも、他社を使っていることは、話しておきましょう。そもそも複数社使うのはごく普通のことで、気にする必要はありません。

6-5. 少なくとも2週に一度はコンタクトをとる

登録後は、少なくとも2週に一度は、エージェントにコンタクトを取るようにしましょう。

長期間連絡しなかったり、応募をしない期間が続くと、「転職が決まって活動を終了した」と判断され、求人が紹介されなくなります。

以下のような簡単な質問でいいので、日頃からこまめにしておきましょう。

  • こういった求人はないか
  • こんな業界は自分でも通るか

自動的に、後回しにされるリスクも

転職エージェントは、企業から紹介の依頼を受けると、自社のシステムから転職活動中の候補者を絞ります。

その際以下のように情報の更新日(最後にコンタクトを取った日)が新しい人から順に候補者が表示され、エージェントはこれを見て求人紹介をしていきます。

エージェントがシステムで候補者を選ぶ画面

更新日が古いとあなたの名前がエージェントの目にも触れず、機械的に後回しになるリスクがあります。

この点も意識し、こまめに連絡は取るようにしましょう。

6-6. 担当者が使えないと判断したら付き合わない

どんなに大手の優良エージェントでも、仕事のできない担当者は存在します。そういった担当に当たってしまったら利用をやめましょう。

具体的には下記に2つ以上当てはまったら、危険なので、担当を変えてもらうか、そのエージェントの利用を止めましょう。

付き合うべきではない担当者の特徴
  • 業界知識が乏しく、深い話ができない
  • 転職に関して話していても経験を感じられない
  • 希望した条件以外の的外れな求人ばかり紹介してくる
  • あなたの都合を考えずに、応募を強要してくる(営業感が強い)
  • 必要な連絡や手続きが遅い、ミスが目立つ

2つ以上当てはまった場合、下記の方法で担当を変えるか、そのエージェント自体の利用を止めましょう。

担当を変えたい場合

担当者を変えたい場合は、問い合わせフォームに以下の文章を送りましょう。

件名:担当変更のご相談

いつもお世話になっております。(あなたの名前)です。

私は現在、(担当者名)様に転職サポートをして頂いており、熱心なアドバイスや求人紹介には大変感謝しております。

しかし、(担当者名)様の考える転職プランと、私の理想のキャリアプランにズレを感じており、ご本人にも何度か相談しましたが、改善も困難と考えております。

つきましては、もし可能でしたら、担当者を変更していただけないでしょうか。

お手数かけますが、何卒よろしくお願いいたします。

担当者に直接伝える方法もありますが、言いにくいと感じる方が多いです。

各社公式ページやマイページで問い合わせフォームを用意しているため、これを活用しましょう。

エージェント自体の利用をやめる場合

基本的に面談や面接の約束をしていないのであれば、連絡を無視すれば、問題ありません。

ただ、連絡がしつこく来る場合は、退会の手続きをしましょう。

エージェント自体の利用をやめる場合は、問い合わせフォームや担当者へのメールで、以下の文章を送りましょう。

件名:退会手続きのお願い

〇〇エージェント 〇〇様

いつもお世話になっております。(あなたの名前)です。

この度、転職活動を休止することとなり、それに伴い退会の手続きをお願いしたいです。

(担当者名)様には、親身に相談に乗っていただき、たくさんの求人をご紹介いただいたのですが、改めて自分のキャリアを考えた際に、もう少し今の職場で頑張ろうと思いました。

熱心にサポートして頂いたにも関わらず、申し訳ございません。

お忙しい中恐縮ですが、ご対応のほどよろしくお願い申し上げます。

退会にあたって、料金がかかるなどのペナルティは一切ありません。

6-7. 「推薦状を見せてほしい」と伝える

エージェントは応募の際に、企業にあなたの強みを客観的な視点で伝える推薦状をつけてくれます。

これについて、以下の理由で見せて欲しいと伝えてみましょう。

  • 面接での自分の発言と違いが出ないか不安
  • 改めて自分のアピールポイントを整理したい

見せてくれるかは担当によりますが、こうすることで、エージェントにとって「人事にしっかりアピールできるものを書かないと」というプレッシャーになります。

以下のように、定型文のような、手抜きの推薦文を出すエージェントもいますが、そういったことの防止になります。

(参考)ひどい推薦文の例

〇〇大学を卒業後、△△社にて営業職として5年勤務されていました。

コミュニケーション能力が高く、明るい方です。

ぜひ一度お会い頂きますよう、お願い申し上げます。

6-8. 「転職したら3年は辞めずに頑張りたい」と言っておく

エージェントに対して、「転職したら3年は辞めずに頑張りたい」と日頃から言っておきましょう。

先ほども紹介した通り、転職エージェントは、転職した人が早期退職すると、企業から受け取った手数料を返還する決まりがあります。

転職してもすぐ辞めそうな人は、結局売り上げにつながらない可能性が高く、エージェントにとってサポートするメリットが薄いです。

紹介される求人が減ることもあるため、こうした見られ方をしないためにも、長く続ける意思は示しておきましょう。

また、前職の不満のようなネガティブな話ばかりの人も、「文句ばかりで仕事が続かない人」という印象を持たれやすいです。

こうした話はしすぎないよう注意しましょう。

6-9. 最低限のマナーは守る

エージェントとのやり取りでは、面談の時間に遅れない、遅れる際は連絡を入れるのように、最低限のマナーは守りましょう。

こうした常識がないと、「マナーがない=企業にも悪印象を与える人材で内定の見込みが少ない」と判断され、対応の優先度を下げられます。

また、担当者も人間ですから、個人的な感情で、力の入れ具合が変わることも多いです。

応募する会社だけでなく、エージェントに対しても感謝の気持ちを持って、丁寧な対応を心がけましょう。

7. まとめ

PwCの年収を紹介してきましたがいかがでしたか?

改めてPwCの正社員の平均年収は780万円と監査法人でも高い水準ですが、一緒に検討される4大監査法人は年収に大きな差はありません。

これから転職を目指す方は、PwCから内定を取るためにも、内定後に年収を上げてもらうためにも必ず転職エージェントを利用するようにしましょう。

下記5社はPwCへの転職に強く、PwCを目指す方が使うべきエージェントです。

以上を参考に、あなたが理想のキャリアを歩めることを心から祈っています。

(参考)PwCおよび、一緒に検討される企業の平均年収、年齢、勤続年数データの参照元

PwC 平均年収・平均年齢:口コミサイトなどの情報をもとに算出
トーマツ 平均年収・平均年齢:口コミサイトなどの情報をもとに算出
EY新日本監査法人 平均年収・平均年齢:口コミサイトなどの情報をもとに算出
あずさ監査法人 平均年収:口コミサイトなどの情報をもとに算出
平均勤続年数・平均年齢:リクナビ