ページの一部でマイナビ等の広告が掲載されています。
転職サイト

高卒向け転職サイト10選|経験別のおすすめと失敗しない選び方

「高卒向けの転職サイトが知りたい」、「経歴に自信がなくても使えるサイトは?」など、高卒向けの転職サイトについて気になっていませんか?

高卒の方が使える転職サイトは100以上ありますが、年収、経歴、年齢によって使うべきサイトは全く変わります。

選び方を間違えると、「興味のない会社の求人しかない」、「選考で落ちてばかりで全然決まらない」といった事態になります。

このページでは、転職エージェントとして1,000人以上の転職をサポートしてきた筆者が、高卒の方が使うべき転職サイトについて、以下の流れで解説していきます。

全て読めば、高卒の場合転職サイトはどれを使うべきで、どう選ぶのが正解か、使いこなすコツはあるかまでがわかり、転職サイトで失敗することがなくなるでしょう。

著者:I.J(現役転職エージェント)
著者情報を詳しく見る

ij
30代の現役転職エージェントで、当サイトの発起人。

新卒で大手エージェントに入社。求職者向けのキャリアアドバイザーを経験後、法人担当(採用企業側の担当)も経験する。

累計3,000名以上の求職者をサポートしてきた経験を活かし、他社勤務も経て、現在は大手エージェントの、求職者のサポート部門でマネージャーを行う。

匿名だからこそ発信できる業界の裏事情など「綺麗事では語れない、転職する人に真に価値のある情報を」という思いでこのサイトを立ち上げた。

1. 結論|高卒の方がまず使うべき転職サイト

100を超える転職サイトを比較しましたが、転職を目指す高卒の方がまず使うべきサイトは以下の通りです。

それぞれターゲットとなる利用者が違うので、年収別におすすめ度をまとめました。

~400万円 400~
600万円
600万円~
リクルートエージェント
doda
マイナビエージェント
ワークポート
type転職エージェント
LHH転職エージェント

国内にある大手・優良企業のほとんどはこの6社に求人を出していて、この中から選んでおけば間違いありません。

これらはどれも担当者がついて転職のサポートを受けることができ、「転職エージェント」とも呼ばれています。

まずはこの中から3つは登録し、求人や担当者を見ながら使うサイトを絞っていくのが、転職サイトで失敗しない方法です。

中途採用では、新卒と違って学歴よりも「職歴」が重視されます。

職歴さえあれば高卒でも対象になる求人が多く、大卒と同じく、上記の有名な大手エージェントでサポートが受けられます。

これらを使うべきでない例外

同じ高卒でも、正社員経験のない方は、年齢別に以下の転職サイトを選びましょう。

20代まで 未経験からの就職サポートに強い大手エージェント

30代以上 リクナビNEXT」のような求人サイト

まず、20代までで正社員経験のない高卒の方は、未経験からの就職サポートに強い以下のエージェントを選びましょう。

最初に紹介した大手は主に正社員経験のある方を対象にしていて、経験がないと「紹介できる求人がない」とサポートを断られます。

上記は正社員経験がない20代向けの求人がメインで、フリーターなど経歴に自信がない方でも、積極的なサポートが受けられます。

また、30代以上で正社員経験のない高卒の方は、転職エージェント自体の利用が向きません。

どのエージェントでも断られる可能性が高いため、自分で求人を探して応募する「リクナビNEXT」のような求人サイトを使いましょう。

サイト選びの最大の注意点

高卒の方向けの転職サイトは、以下の複数タイプがあり、どれを使うかで応募できる企業や選考の通りやすさが全く変わります。

  1. 転職エージェント:担当がついてサポートしてもらえる
  2. 求人サイト:自分で求人を探して応募する

ネット上にはこれらをごちゃ混ぜにして紹介するページが非常に多いですが、別物なので注意しましょう。

結論、転職を考える高卒の方がまず使うべきなのは、「転職エージェント」です。

転職エージェントを使うと担当がついて、転職相談から求人紹介、企業とのやりとりまで全てやってもらえます。

agent

最初にあげた年収別のサイトは、全てこれにあたります。

転職エージェントにしか求人を出さない大手・優良企業も非常に多く、使わないと損します。

担当は、企業ごとの過去の面接データも持っていて、選考に通るためのアドバイスもしてくれます。

使うだけでチャンスが広がる、高卒の方の転職には必須のサービスです。

では、高卒向けの転職サイトについて、以下の流れで解説していきます。

2. 正社員経験がある高卒向け|転職エージェントのおすすめ6選

agent20

高卒向けとして紹介されることの多い上記20社を比較しましたが、正社員経験のある高卒の方は、以下の大手6社から選ぶべきです。

それぞれ「どんな年収の人のサポートに強いか」が違うので、あなたの年収別に、以下から3社使いましょう。

~400万円 400~
600万円
600万円~
リクルートエージェント
doda
マイナビエージェント
ワークポート
type転職エージェント
LHH転職エージェント

高卒の方が対象になる大手・優良企業の求人は、これら6社に集中していて、ここから選べば間違いありません。

転職エージェントは大手から小さい業者まで様々ですが、以下の点で優れた大手を使うべきです。

  • 大手・優良企業の求人多数
  • サポート実績が多い分、あらゆる業界、企業の転職事情に詳しい
  • 20年以上の歴史ある企業の運営

6社は、業界でも真っ先に名前があがる大手転職エージェントです。

いい担当者を見極めたり、求人の選択肢を広げるためにも、上記から必ず3つは使っておきましょう。

転職エージェントでは、登録すると担当者がついて、求人の紹介から面接のセッティングや対策まで、あらゆるサポートが受けられます。agent

具体的には以下6つをしてくれて、あなたは面接以外で企業とやりとりすることがなくなります。

  • キャリアの相談
  • 求人の紹介
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
  • 面接や入社の日程調整
  • 年収交渉

では、転職エージェントのおすすめについて、それぞれ解説していきます。

2-1. リクルートエージェント

r-agent

リクルートエージェント」は、業界最大手のリクルートが運営する転職エージェントで、求人の量・転職実績共にトップクラスです。

大手中心に良質な求人が多く、サポート体制も整っていることから利用者からの評判は抜群にいいです。

長年の実績から、「まずはリクルートさんにお願いしよう」と考える企業の採用担当も多く、大手・優良企業の求人も多いので、登録しておいて損はありません。

向いている人の年収 400万円~
求人数 約680,000件
対応エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート
運営歴 1977年~

リクルートエージェント公式ページ:https://www.r-agent.com/

2-2. doda

doda

doda」はパーソルキャリアが運営する、業界2位の実績と豊富な求人を持つ転職エージェントです。

求人数・提案力・交渉力・サポート全てが高水準で、非常にバランスがよく、当たり外れが少ないエージェントとも言えます。

リクルートエージェントよりは求人数が少ないものの、一人一人の登録者にきめ細かいサポートをしてくれると好評です。

向いている人の年収 300万円~700万円
求人数 約200,000件
対応エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社
運営歴 1989年~

doda公式ページ:https://doda.jp/consultant/

2-3. マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント」は、マイナビが運営する、近年急速に力をつけてきた転職エージェントです。

新卒で多くの学生が使っている「マイナビ」の実績もあり、若年層向けの求人や企業とのパイプは豊富にあるので、20~30代の方は必ず使っておくべきです。

サポート面で、とにかく丁寧という声も多いので、他社で思うようなサポートを受けられなかったという方にもおすすめのエージェントです。

向いている人の年収 ~400万円
求人数 約63,000件
対応エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ
運営歴 1973年~

マイナビエージェント公式ページ:https://mynavi-agent.jp/

2-4. ワークポート

workport

ワークポート」は、IT・WEB・ゲーム業界に強い、若年層からの支持が大きい転職エージェントです。

設立当初はIT業界に特化していましたが、2014年から他業種の取り扱いも開始しており、現在はあらゆる職種に対応しています。

長年の実績からIT企業とのパイプが特に強く、優良求人も多いため、エンジニアなどIT業界への転職を目指す方には外せない一社です。

向いている人の年収 ~400万円
求人数 約73,000件
対応エリア 全国
運営会社 株式会社ワークポート
運営歴 2003年~

ワークポート公式ページ:https://www.workport.co.jp/

2-5. type転職エージェント

type

type転職エージェント」は、一都三県を中心とした求人を扱う、若年層からの支持が大きい転職エージェントです。

IT・WEB業界の求人、サポートを強みとしており、対象エリアでこの業界を狙う方には外せない一社です。

女性の転職に特化した求人サイトを長く運営していて、女性の転職ノウハウに強い特徴もあります。

向いている人の年収 400万円~600万円
求人数 約29,000件
対応エリア 東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、愛知
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
運営歴 1993年~

type転職エージェント公式ページ:https://type.career-agent.jp

2-6. LHH転職エージェント

lhh転職エージェント

LHH転職エージェント」は、世界60カ国に拠点を持つグローバル企業が運営する、ハイクラス向けの転職エージェントです。

運営元の「アデコ」は、世界中で長年人材派遣サービスを提供してきた実績があり、外資系企業とのパイプが強いです。

国内の有名企業の求人もありますが、外資系の転職ノウハウ、サポート力では頭ひとつ抜けているため、外資系への転職を狙う方には特におすすめです。

向いている人の年収 600万円~
求人数 約31,000件
対応エリア 全国
運営会社 アデコ株式会社
運営歴 1985年~

LHH転職エージェント公式ページ:https://jp.lhh.com

転職エージェントの3つの注意点

転職エージェントを使うにあたっては、以下の点に注意しましょう。

  • 大手以外を使うのは危険
  • 身の丈に合わないエージェントだと相手にされない
  • 1つに絞ると失敗する

① 大手以外を使うのは危険

ここ数年で、人材紹介業者は1万社以上増加したデータもあり、新しい転職エージェントも大量に増えました。

引用:厚生労働省ホームページ

ただ、新しいエージェントには、ろくな求人を持っていない業者が多いため注意しましょう。

ブラックな求人は常に人が足りず、誰でもいいから人が欲しいため、たいてい学歴不問ですが、こうした求人を「高卒向け」と言い換えて紹介するだけのひどい業者もいます。

実績が少なく「会社ごとにどう対策すれば内定が出やすい」といったノウハウがないのでアドバイスも頼りになりません。

大手以外も優良なエージェントはありますが、見極めは難しいため、最初から大手に絞って使いましょう。

大手エージェントなら、付き合いのある大手・優良企業から個別に紹介を依頼された求人がほとんどで、学歴不問の求人も、こうした会社がメインとなります。

② 身の丈に合わないエージェントだと相手にされない

転職エージェントは「どんな年収の人のサポートに強いか」がそれぞれ違い、合わないものを使うと相手にされないため注意しましょう。

例えば、年収400万円前後の方がハイクラス向けのエージェントを使っても、紹介できる求人がなく、まともにサポートしてもらえません。

逆に年収800万円など高年収の方が若手向けに登録しても、対象の求人が少なく、実力通りの転職ができない可能性があります。

エージェントミスマッチ

こうならないためにも、下記を参考に、年収別に自分にマッチしたエージェントを選んでおきましょう。

~400万円 400~
600万円
600万円~
リクルートエージェント
doda
マイナビエージェント
ワークポート
type転職エージェント
LHH転職エージェント

③ 1つに絞ると失敗する

以上の流れで大手エージェントを選んでも、ハズレの担当がつく場合もあるため、必ず3社は使い、担当者を比べるようにしましょう。

ハズレの担当としては、以下のようなパターンがあげられます。

  • 志望業界の知識が不十分で、深い相談ができない
  • 伝えた条件に合わない求人を紹介してくる

一社に絞ると、こうした担当に当たっても比較ができず、イマイチなサポートに頼って失敗する恐れがあります。

一社のみ登録

複数社使うことで担当ごとのサポートの良し悪しがわかり、1人に足を引っ張られて失敗することは無くなります。

複数社登録

いくつ登録しても無料なのは変わらないため、優秀な担当を見極めるためにも、少なくとも3社は使っておきましょう。

また、エージェントごとにパイプの強い企業が違うので、複数登録には、求人の選択肢が大幅に増えるメリットもあります。

転職エージェントの大まかな利用の流れは以下の通りです。

  1. ネットから申し込み
  2. 担当者と面談(対面かWEB、電話)
  3. 求人紹介を受ける
  4. 企業に応募
  5. 面接
  6. 内定

最初の面談ではこれまでの職歴やスキル、転職先の希望条件が聞かれるため、おおまかに整理しておきましょう。

申し込みから内定まで、トータルで3ヶ月はかかるケースが多いため、余裕を持って早めに申し込みをしておきましょう。

3. 正社員経験がない高卒向け|おすすめの転職サイト

同じ高卒でも、正社員経験のない方には、年齢別に以下のサイトをおすすめします。

20代まで 未経験からの就職サポートに強い大手エージェント

30代以上 リクナビNEXT」のような求人サイト

最初に紹介した大手のエージェントでも転職が決まらなかった方も、次の手段としてこれらを使いましょう。

3-1. 正社員経験がない20代までにおすすめ

20代までで、正社員経験がない高卒の方は、初めての就職サポートに強い以下のエージェントを選んでおきましょう。

これまで紹介してきた大手は、主に正社員経験のある方を対象にしていて、経験がないと、「紹介できる求人がない」とサポートを断られる可能性が高いです。

実際、以下の大手2社は、公式でも以下のように説明しています。

マイナビエージェント 主に正社員としてのキャリアを有する方を対象とする求人を扱っておりますので、アルバイト経験もしくは派遣経験のみの方、また、正社員としての就業経験が長らくない方の場合、求人をご紹介できる可能性が極めて低くなります
(引用:マイナビエージェントに関するFAQ
doda 正社員・派遣社員・契約社員いずれかの社員としての就業経験をお持ちではない場合や学生・アルバイトご経験のみの場合、サポートが難しい場合があります。
(引用:サービスのご利用について

これから紹介する3社は正社員経験がない20代向けの求人がメインで、フリーターや無職で経歴に自信がない高卒の方でも、積極的なサポートが受けられます。

それぞれ特徴を解説していきます。

ハタラクティブ

hataractive

ハタラクティブ」は、IT業界に特化した転職サービス「レバテック」なども展開する株式会社レバレジーズの運営する転職エージェントです。

20代で経歴・スキルに自信のない方のサポートに力を入れていて、未経験者向けの優良企業の求人をメインで扱っています。

短期間で内定を出すことを強みとしていて、最短で2週間で決まるケースもあるため、急いでいる人には特におすすめです。

求人数 約3,000件
対応エリア 北海道、関東全域、中部(愛知、岐阜、静岡)、近畿️(三重、大阪、兵庫、京都)、広島、福岡
運営会社 株式会社レバレジーズ
運営歴 2005年~

ハタラクティブ公式ページ:https://hataractive.jp/

就職ショップ

就職shop

就職ショップ」は業界最大手のリクルートが運営する、経歴に自信のない20代のサポートに強い転職エージェントです。

就職ショップから紹介された求人は書類選考なしで面接に進めるため、経歴を理由に書類で落とされる心配がありません。

求人数最多のリクルートの運営で、企業の選択肢もかなり多いため、とにかく多くの求人を見てみたいという人には特におすすめです。

求人数 非公開(登録社数は11,000社以上)
対応エリア 首都圏、大阪、京都、兵庫
運営会社 株式会社リクルート
運営歴 1977年~

就職ショップ公式ページ:https://www.ss-shop.jp/

JAIC

jaic

JAIC」は、上場企業の株式会社ジェイックが運営する、未経験の転職に強い転職エージェントです。

登録すると、厳選した優良企業20社と、書類審査なしで面接できる合同面接会に参加することができます。

入社後の定着率が9割以上と非常に高く、ほとんどの利用者が、安心して働けるマッチした職場に転職ができています。

求人数 非公開
対応エリア 関東、関西、東北、中部、中国、九州
運営会社 株式会社ジェイック
運営歴 1991年~

JAIC公式ページ:https://www.jaic-college.jp/sales/

【注意】正社員経験がある方は、最初に紹介した大手を使うこと

20代までで、正社員経験のない高卒の方は、以上の3社を使っておくべきです。

ただ、以下の大手の方が、求人は倍以上と多く、大手・優良企業の紹介が受けられる可能性も高いです。

~400万円 400~
600万円
600万円~
リクルートエージェント
doda
マイナビエージェント
ワークポート
type転職エージェント
LHH転職エージェント

正社員経験さえあれば、高卒でも経歴を問わずこれら大手エージェントでもサポートが受けられます。

可能性を広げるためにも、正社員経験のある方は、経歴に自信がなくても、まず以下の大手を使っておきましょう。

3-2. 正社員経験がない30代以上におすすめ

30代以上で正社員経験のない高卒の方は、求人サイトで自分で求人を探して応募していく方が効率的でおすすめです。

こうした方は転職エージェント自体の利用が向かず、申し込んでもサポートを断られる可能性が高いからです。

対象の求人自体が少なく、正社員になるハードルが高いため、転職を決めないと利益が出ないエージェントはサポートしたがらない事情があります。

求人サイトは、サイト上の求人を自分で調べて応募していく転職サイトです。jobchange_site

求人サイトなら「リクナビNEXT」一択

リクナビnext

求人サイトなら、最大手の「リクナビNEXT」だけ使っておけば間違いありません。

あらゆる業界に対応した大手サイトを比べると以下の通りで、どの地域でも求人数が飛び抜けて多いからです。

  求人数
関東 関西 九州
リクナビNEXT 54,124 17,588 7,278
イーキャリア 21,380 5,036 2,117
マイナビ転職 16,497 8,015 6,699
en転職 3,345 1,699 957
type 2,352 657 422
はたらいく 1,103 522 588
  • 2024年1月時点

総求人数は他サイト比べても圧倒的に多く、社会人経験がない方向けの求人も5,000件以上と多く掲載されています。

「30~50代が活躍中」となっている学歴不問の求人も多いので、まずはこれに登録して活動を進めましょう。

リクナビNEXT公式ページ:https://next.rikunabi.com/

それでもダメなら「ハローワーク」を使う

求人サイトでも転職が決まらなかった方は、公共の職業紹介サービス「ハローワーク」を使いましょう。

これまで紹介した民間のサービスに比べると、地方や小さい会社の求人が多いですが、経験や学歴不問の正社員求人が多く掲載されています。

求人は以下から調べられるため、求人サイトでもいい求人が見つからなかった方は利用してみましょう。

https://www.hellowork.mhlw.go.jp/kensaku/

4. その他、高卒におすすめの転職サイト

これまで紹介したタイプ以外で、高卒の方におすすめの以下の転職サイトと、活用方法を解説していきます。

ただ、いずれも求人探しに使えるメインのサービスではないので、機能に魅力を感じた方のみサブとして使いましょう。

4-1. 企業からスカウトがもらえる「ビズリーチ」

bizreach

ビズリーチ」は、毎月30,000人以上が登録している今最も勢いのあるスカウトサービスです。

スカウトサービスは、経歴やスキルを登録して、企業やヘッドハンターからのスカウトを待つ転職サイトで、主に年収600万円以上の方を対象としています。

登録するとあなたのプロフィールがデータベースにのり、それを使う企業の人事やヘッドハンターの目に留まると、スカウトが受けられます。

scout

※ヘッドハンター:保有する求人にあった人材を探す転職エージェント

登録後は待つだけでよく、企業からのスカウトだといきなり面接に進んでスピーディーに内定が決まることもあるため、登録しておいて損はありません。

年収600万円以上のハイクラス向けですが、20~30代だと、将来性を見込んでそこまでの収入がなくてもスカウトが受けられることが多いです。

求人数 約86,000件
対応エリア 全国
運営会社 株式会社ビズリーチ
登録企業数 約29,000社
在籍ヘッドハンター数 6,200人

ビズリーチ公式ページ:https://www.bizreach.jp

4-2. 社員の評判がわかる「転職会議」

転職会議

転職会議」は、元社員の評判が見られる口コミサイトで、求人票には載らない、以下のような口コミをたくさん見ることができます。

  • 管理職がいつまでも残っていて、帰りにくい雰囲気がある
  • 正当に評価されず、優秀な若手ほど辞めていく
  • 部署内の雰囲気はいいが、他部署とは険悪で、やり合うことも多い

どれも退職した人の口コミでネガティブ寄りの意見が多く、うのみにするべきではありませんが、応募や入社を決める際の参考にはなります。

また、「面接でどんなことを聞かれた」といった選考に関する口コミも確認できるため、選考対策にも使うことができます。

同じような口コミサイトは以下のように複数ありますが、選考に関する口コミが見られるのは「転職会議」だけです。

そのため、まずは「転職会議」で情報収集することをおすすめします。

転職会議公式ページ:https://jobtalk.jp/

4-3. 自分の強みがわかる「グッドポイント診断」

グッドポイント診断

グッドポイント診断」は、質問に答えるだけで、選考でアピールできる強みがわかる、業界大手のリクルートが出す無料の診断ツールです。

書類選考や面接では、自分の強みは何かを必ず聞かれますが、即答できる人は少なく、ここで止まってしまう人も多いです。

グッドポイント診断を使えば、簡単な質問に答えるだけで、以下のような自分の強みを5つ知ることができます。

  • 継続力、挑戦心、現実思考、慎重性、独創性、柔軟性、慎重性、受容力、高揚性、社交性

これらに、前職の経験からマッチしたエピソードを加えて広げていくことで、迷わず自己PRが作れるようになります。

診断された強み 継続力(困難な仕事も諦めずにやり抜く力がある)
自己PR
(強み+具体的なエピソード)
私の強みは継続力があることです。
前職では、新しい支店に配属され、顧客ゼロからのスタートで、当初はなかなか成果が出せず苦労しました。
リタイアする職員も出るなど厳しい環境でしたが、新規開拓の電話営業や独自のキャンペーンを打つなどあらゆる手を尽くして顧客の獲得につとめました。
その結果、1年後にはほぼ目標通りの売り上げを達成することができました。

自分の強みは何か、客観的に確認できるため、PRする内容がまとまっていない方は必ず使っておきましょう。

グッドポイント診断公式ページ:https://next.rikunabi.com/goodpoint/

質問は全部で293問あり、回答には20分程かかります。

今できない方は上記から会員登録だけした上で、時間のある時に余裕をもって使いましょう。

5. 高卒の方こそ転職エージェントを使うべき3つの理由

求人サイトから応募するなど他の方法もあり、エージェントを使うべきか迷う方もいるかもしれません。

ただ、以下の理由で、高卒の方こそ、転職にはエージェントを使うべきです。

  • 選考を有利に進められる
  • エージェントしか持っていない好条件の求人に応募できる
  • 自分で動くより圧倒的にラク

理由1. 選考を有利に進められる

転職エージェントは転職のプロで、「学歴で不利になりやすい高卒の場合、何をアピールすれば内定が出やすいか」といったことを知り尽くしています。

大手エージェントはこうしたノウハウに特に強く、これまでの職歴やアルバイト経験から、大卒に負けない、あなたのアピールポイントをたくさん見つけてくれてくれます。

また、馴染みのエージェントの紹介だと企業側も安心することが多く、エージェントを使うだけで個別に応募するよりも選考で有利になるのは間違いありません。

付き合いの長いエージェントは、企業から「この人数は必ず〇〇エージェントからとる」のように専用の採用枠をもらっていることも多く、その枠に滑り込めることもあります。

理由2. エージェントしか持っていない好条件な求人に応募できる

そもそもですが、下記のような優良な求人は、インターネットには中々出てきません。

  • 待遇がよく、募集すると人が殺到してしまう求人
  • 今、その会社で働いている人が嫉妬するような条件の求人

これらの求人は、企業側が取引のある転職エージェントに内々に相談し、そのエージェントに登録している人だけに紹介されます。

転職エージェントは、高卒も対象になるこうした好条件な”非公開求人”も豊富に持っていて、使うだけでいい会社に入れる確率が上がります。

逆に言うと、インターネットに出ている公開求人は、幅広く募集しないと人が集まらない低品質なものが多いので、注意しましょう。

理由3. 転職のあらゆるサポートが全て無料で受けられる

転職エージェントを使えば、以下を全て無料でしてもらえて、あなたは面接以外で企業とやりとりする必要がなくなります。

  • キャリアの相談
  • 求人の紹介
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
  • 面接や入社の日程調整
  • 年収交渉

自分で求人を探して応募する場合と比べて、圧倒的に手間が減り、あなたは、選考対策だけに集中できるようになります。

特に働きながら転職活動をする場合、日中の連絡や、面接調整など、仕事と転職活動の両立は非常にハードです。

転職エージェントは現在の仕事の事情も考慮してくれ、まるで秘書のように、転職ですべきことを行ってくれます。

デメリットは使い方次第で解消できる

転職エージェントには以下のデメリットもありますが、このページで紹介している通りに選ぶことで、いずれも解消が可能です。

  • ×ハズレの業者や担当者に当たると、役に立たず、足を引っ張られる
    →実績のある大手のエージェントだけを使う
    →3社以上使い、担当者を比べる
  • ×相手にしてもらえず、満足いくサポートを受けられないことがある
    →経歴や年収の面で自分に合ったエージェントを選ぶ

他のサービスと転職エージェントを比べると?

高卒の方が転職に使える他のサービスと、転職エージェントを比べた結果は以下の通りです。

サポート 求人の質・量 選考の有利さ
転職エージェント
相談〜内定後の交渉まで

良質な非公開求人、数多い

選考対策・プッシュあり
求人サイト ×
自分でやる

公開求人、数多い
×
自力で頑張る
ハローワーク
求人の紹介

数は多いが低品質

簡単な選考対策のみ

全てにおいて優れているのは転職エージェントだけでした。

そのため、「30代以上で正社員経験なし」のような一部の場合を除き、高卒の方は必ず転職エージェントを使っておきましょう。

6. 転職エージェントを最大限活用するためにすべき9つのこと

ここでは、転職エージェントの裏事情も踏まえ、最大限活用するためにすべき以下9つのポイントを紹介していきます。

  • 最初の申し込みを丁寧に行う
  • 希望の転職時期は「1日でも早く」と答えておく
  • 経歴・スキルに嘘はつかない
  • 複数のエージェントを使っていることは隠さない
  • 少なくとも2週に一度はコンタクトをとる
  • 担当者が使えないと判断したら付き合わない
  • 「推薦状を見せて欲しい」と伝える
  • 「転職したら3年は頑張りたい」と言っておく
  • 最低限のマナーは守る

6-1. 最初の申し込みを丁寧に行う

優秀な担当者をつけてもらうために、登録時の情報入力は省略せず、できる限り丁寧に行いましょう。

入力が適当だと、「この人は転職するかわからないから、実力ある担当をつけるのはもったいないな。新人に任せてみよう。」となり、優秀な担当がつかないリスクがあるからです。

下記を意識し、転職への熱意を伝え、優秀な担当をつけてもらいましょう。

  • 入力が任意の箇所でもできる限り全て埋める
  • 転職予定時期を選ぶ箇所があれば、「すぐにでも」やそれに近い回答を選ぶ
  • 経歴を書く場面があれば、強みになりそうな経歴は省略せずに書く

6-2. 希望の転職時期は「1日でも早く」と答えておく

最初の面談でも、エージェントに希望の転職時期を聞かれますが、「1日でも早く転職したい」と答えておきましょう。

エージェントは内定が決まって初めて企業から手数料がもらえ、それが個人のノルマになったり、ボーナスを決める要因になります。

以下のような方はどんなに優秀でも、自然と対応の優先度が下がります。

  • 転職予定がかなり先
  • そもそも転職への意欲が低い

すぐにでも転職したい意思を伝えることで、「早く売り上げにつながる人」と判断され、優先的に対応してもらうことができます。

6-3. 経歴・スキルに嘘はつかない

求人を紹介するにあたって最初に経歴やスキルを聞かれますが、なるべく嘘のない回答を心がけましょう。

転職エージェントにとっては、転職する本人だけでなく、手数料をくれる企業側との関係も大事です。

いざ働き始めてから「紹介された人材が話と違う」となると、エージェントは企業からの信頼に傷がつきます。

やり取りの中で嘘がわかると、企業との関係が悪くなるのを恐れて求人紹介が減るため注意しましょう。

6-4. 複数のエージェントを使ってることは隠さない

転職エージェントを複数使う場合、他社も使っていることは、それぞれに隠さず伝えましょう。

言いにくいと感じるかもしれませんが、隠すのには以下のリスクがあります。

  • あなたの希望求人のイメージに誤解が出る
  • 結果として、的外れな求人紹介ばかりになる

すでに他社で応募した求人を紹介されたときに、隠していると「すでに応募済み」とは言えず、適当な理由で断るしかなくなります。

これを繰り返すと、本当はあなたに合った求人も、「前に似た求人を断られたな」と思われ紹介されなくなり、希望とズレたものばかり紹介されるようになります。

こうならないためにも、他社を使っていることは、話しておきましょう。そもそも複数社使うのはごく普通のことで、気にする必要はありません。

6-5. 少なくとも2週に一度はコンタクトをとる

登録後は、少なくとも2週に一度は、エージェントにコンタクトを取るようにしましょう。

長期間連絡しなかったり、応募をしない期間が続くと、「転職が決まって活動を終了した」と判断され、求人が紹介されなくなります。

以下のような簡単な質問でいいので、日頃からこまめにしておきましょう。

  • こういった求人はないか
  • こんな業界は自分でも通るか

自動的に、後回しにされるリスクも

転職エージェントは、企業から紹介の依頼を受けると、自社のシステムから転職活動中の候補者を絞ります。

その際以下のように情報の更新日(最後にコンタクトを取った日)が新しい人から順に候補者が表示され、エージェントはこれを見て求人紹介をしていきます。

エージェントがシステムで候補者を選ぶ画面

更新日が古いとあなたの名前がエージェントの目にも触れず、機械的に後回しになるリスクがあります。

この点も意識し、こまめに連絡は取るようにしましょう。

6-6. 担当者が使えないと判断したら付き合わない

どんなに大手の優良エージェントでも、仕事のできない担当者は存在します。そういった担当に当たってしまったら利用をやめましょう。

具体的には下記に2つ以上当てはまったら、危険なので、担当を変えてもらうか、そのエージェントの利用を止めましょう。

付き合うべきではない担当者の特徴
  • 業界知識が乏しく、深い話ができない
  • 転職に関して話していても経験を感じられない
  • 希望した条件以外の的外れな求人ばかり紹介してくる
  • あなたの都合を考えずに、応募を強要してくる(営業感が強い)
  • 必要な連絡や手続きが遅い、ミスが目立つ

2つ以上当てはまった場合、下記の方法で担当を変えるか、そのエージェント自体の利用を止めましょう。

担当を変えたい場合

担当者を変えたい場合は、問い合わせフォームに以下の文章を送りましょう。

件名:担当変更のご相談

いつもお世話になっております。(あなたの名前)です。

私は現在、(担当者名)様に転職サポートをして頂いており、熱心なアドバイスや求人紹介には大変感謝しております。

しかし、(担当者名)様の考える転職プランと、私の理想のキャリアプランにズレを感じており、ご本人にも何度か相談しましたが、改善も困難と考えております。

つきましては、もし可能でしたら、担当者を変更していただけないでしょうか。

お手数かけますが、何卒よろしくお願いいたします。

担当者に直接伝える方法もありますが、言いにくいと感じる方が多いです。

各社公式ページやマイページで問い合わせフォームを用意しているため、これを活用しましょう。

エージェント自体の利用をやめる場合

基本的に面談や面接の約束をしていないのであれば連絡を無視すれば大丈夫です。

ただ、連絡がしつこくくる場合は、退会の手続きをしましょう。

エージェント自体の利用をやめる場合は、問い合わせフォームや担当者へのメールで、以下の文章を送りましょう。

件名:退会手続きのお願い

〇〇エージェント 〇〇様

いつもお世話になっております。(あなたの名前)です。

この度、転職活動を休止することとなり、それに伴い退会の手続きをお願いしたいです。

(担当者名)様には、親身に相談に乗っていただき、たくさんの求人をご紹介いただいたのですが、改めて自分のキャリアを考えた際に、もう少し今の職場で頑張ろうと思いました。

熱心にサポートして頂いたにも関わらず、申し訳ございません。

お忙しい中恐縮ですが、ご対応のほどよろしくお願い申し上げます。

退会にあたって、料金がかかるなどのペナルティは一切ありません。

6-7. 「推薦状を見せてほしい」と伝える

エージェントは応募の際に、企業にあなたの強みを客観的な視点で伝える推薦状をつけてくれます。

これについて、以下の理由で見せて欲しいと伝えてみましょう。

  • 面接での自分の発言と違いが出ないか不安
  • 改めて自分のアピールポイントを整理したい

見せてくれるかは担当によりますが、こうすることで、エージェントにとって「人事にしっかりアピールできるものを書かないと」というプレッシャーになります。

以下のように、定型文のような、手抜きの推薦文を出すエージェントもいますが、そういったことの防止になります。

(参考)ひどい推薦文の例

〇〇大学を卒業後、△△社にて営業職として5年勤務されていました。

コミュニケーション能力が高く、明るい方です。

ぜひ一度お会い頂きますよう、お願い申し上げます。

6-8. 「転職したら3年は辞めずに頑張りたい」と言っておく

エージェントに対して、「転職したら3年は辞めずに頑張りたい」と日頃から言っておきましょう。

転職エージェントは、転職した人が早期退職すると、企業から受け取った手数料を返還する決まりがあります。

転職してもすぐ辞めそうな人は、結局売り上げにつながらない可能性が高く、エージェントにとってサポートするメリットが薄いです。

紹介される求人が減ることもあるため、こうした見られ方をしないためにも、長く続ける意思は示しておきましょう。

また、前職の不満のようなネガティブな話ばかりの人も、「文句ばかりで仕事が続かない人」という印象を持たれやすいです。

こうした話はしすぎないよう注意しましょう。

6-9. 最低限のマナーは守る

エージェントとのやり取りでは、面談の時間に遅れない、遅れる際は連絡を入れるのように、最低限のマナーは守りましょう。

こうした常識がないと、「マナーがない=企業にも悪印象を与える人材で内定の見込みが少ない」と判断され、対応の優先度を下げられます。

また、担当者も人間ですから、個人的な感情で、力の入れ具合が変わることも多いです。

応募する会社だけでなく、エージェントに対しても感謝の気持ちを持って、丁寧な対応を心がけましょう。

7. 高卒の転職についてよくある質問

7-1. 高卒の転職は厳しい?

大卒に比べて、応募できる企業は減りますが、正社員経験があったり、ない場合も20代であれば、決して厳しくはありません。

これまで紹介したように、大手も含めた転職エージェントのサポート対象になるのが何よりの証拠です。

転職エージェントは、転職を決めて初めて企業から紹介料がもらえるビジネスで、決まる見込みのない(お金にならない)人はそもそも相手にしません。

サポート対象になるということは、プロの視点で「転職できる可能性が高い」とみなされていることを意味しています。

実際に大手エージェント「doda」の求人のうち、全体の約半分は学歴不問で、高卒でも十分チャンスがあります。

7-2. 高卒の女性におすすめの転職サイトは?

女性の場合でも、正社員経験のある方なら、以下から年収別に転職エージェントを選ぶべきという結論は変わりません。

~400万円 400~
600万円
600万円~
リクルートエージェント
doda
マイナビエージェント
ワークポート
type転職エージェント
LHH転職エージェント

正社員経験のない20代の方は、以下のエージェントを選びましょう。

一部、女性特化の転職エージェントもありますが、おすすめしません。

結局上記のような大手エージェントの方が、女性のサポート実績も豊富で、女性向けの求人も多く、女性の転職には強いです。

女性に対応してもらいたければ、登録時に、備考欄に下記を書いておきましょう。

女性ならではのキャリアの相談がしたいため、女性のご担当者様をつけていただけるよう、お願いします。

7-3. 高卒でも大手に転職できる?

高卒でも、従業員数1,000人を超えるような大手に転職は可能です。

実際大手エージェント「doda」のページにある大手企業の求人のうち、3~4割は学歴不問になっています。

しかし、「人気企業ランキング」に名前が載るような大手企業では、高卒だと対象外になることが多いです。

また、以下の業界は、大手はどこも学歴を重視するため、高卒の方は転職が難しいです。

  • 金融
  • 保険
  • コンサルティング

7-4. 40代の高卒でも転職エージェントは使える?

正社員として働いた経験があれば、40代の高卒の方でも使うことができます。

ただ、経験があっても、辞めてから1年以上の長いブランクがある方は、使えない可能性が高いです。

こうした方は、「リクナビNEXT」や、ハローワークで自分で応募していく方が、決まりやすくおすすめです。

7-5. 高卒でも高収入が狙える仕事はある?

「営業職」や「ITエンジニア」だと、以下の理由で高卒でも高収入が狙いやすいです。

  • 高卒でも未経験で始めやすい
  • 学歴よりも、経験やスキルが重視される

営業職だと、不動産業界などで、成果を上げた分手当がつく実力重視の会社に入れば、学歴関係なく高収入が狙えます。

ITエンジニアは、プログラミングのスキルさえ磨けば、学歴関係なく歓迎されて、次の転職でも有利になります。

一定のスキルを身につけた段階で、より高年収の会社を狙って転職すれば、次々に年収を上げていくことも可能です。

7-6. 高卒の転職にベストなタイミングは?

すでに正社員として働いている方は、時期も含めてまずは転職エージェントに相談してみましょう。

「もう数年今の職場で働いた方が、次の転職で有利になる」のように、すぐの転職が向かない人がいるのも事実です。

転職エージェントでは、こうした時期のアドバイスももらえるため、まずは相談してみましょう。

まだ正社員でない方には、シンプルに求人が増えやすい以下の時期を狙うのがおすすめです。

  • 2~3月:新年度に向けた募集や、年度末の退職者の補充で求人が増える
  • 8~9月:下半期から始まる新しい事業に向けた採用が増える

まとめ

高卒の方におすすめの転職サイトについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

高卒でも正社員として働いていたり、経験がある方は、以下から現在の年収別に大手の転職エージェントを選びましょう。

~400万円 400~
600万円
600万円~
リクルートエージェント
doda
マイナビエージェント
ワークポート
type転職エージェント
LHH転職エージェント

同じ高卒でも、正社員経験のない方には、年齢別に以下のサービスをおすすめします。

20代まで 未経験からの就職サポートに強い大手エージェント

30代以上 リクナビNEXT」のような求人サイト

当ページの内容が、あなたの転職成功のお役に立てることを、心から祈っています。

<その他当ページで紹介したサービス>

企業からスカウトがもらえる
ビズリーチ
社員に口コミがわかるサイト
転職会議
自分の強みがわかるサイト
グッドポイント診断