ページの一部でマイナビ等の広告が掲載されています。
転職サイト

60歳からの転職向け|おすすめ転職サイト6選と利用前に知るべき注意点

「60歳からの転職にはどの転職サイトがいい?」、「自分に合ったものが知りたい」のように、60歳向けの転職サイトについて気になっていませんか?

60歳向けの転職サイトは、担当がついて無料で転職サポートを受けられるものから、サポートが全くないタイプまで様々なので注意しましょう。

選び方を間違えると、「興味のない求人しかない」、「選考で落ちてばかりで全然決まらない」といった事態になります。

このページでは、転職エージェントとして1,000人以上の転職をサポートしてきた筆者が、60歳向けの転職サイトについて、以下の流れで解説していきます。

全て読めば、60歳向けの転職サイトにはどんなものがあり、どう選べば失敗しないか、具体的にどれを使うべきかまでがわかり、転職サイトで失敗することがなくなるでしょう。

著者:I.J(現役転職エージェント)
著者情報を詳しく見る

ij
30代の現役転職エージェントで、当サイトの発起人。

新卒で大手エージェントに入社。求職者向けのキャリアアドバイザーを経験後、法人担当(採用企業側の担当)も経験する。

累計3,000名以上の求職者をサポートしてきた経験を活かし、他社勤務も経て、現在は大手エージェントの、求職者のサポート部門でマネージャーを行う。

匿名だからこそ発信できる業界の裏事情など「綺麗事では語れない、転職する人に真に価値のある情報を」という思いでこのサイトを立ち上げた。

1. 結論:全ての60歳におすすめの転職サイト

100を超える転職サイトを比較しましたが、60歳の方全てにおすすめできるのは6社だけでした。

それぞれターゲットとなる利用者が違うので、年収別におすすめ度をまとめました。

~400万円 400~
600万円
600万円~
リクルートエージェント
doda
type転職エージェント
パソナキャリア ×
LHH転職エージェント
JACリクルートメント ×

国内の大手・優良企業のほとんどはこの6社に求人を出していて、この中から選べば間違いありません。

いずれも担当者がついて転職のサポートを受けることができ、「転職エージェント」とも呼ばれています。

まずはここから3つは登録し、求人や担当者を見ながら使うサイトを絞っていくのが、転職サイトで失敗しない方法です。

転職サイト選びの最大の注意点

転職サイトは、以下のように複数のタイプがあり、どれを使うかで応募できる企業や選考の通りやすさが全く変わります。

  1. 転職エージェント:担当がついてサポートしてもらえる
  2. スカウトサービス:登録してスカウトを待つ
  3. 求人サイト:自分で求人を探して応募する

ネット上にはこれらをごちゃ混ぜにして紹介するページが非常に多いですが、別物なので注意しましょう。

結論、転職を考える60歳の方がまず使うべきなのは、「転職エージェント」です。

転職エージェントを使うと担当がついて、転職相談から求人紹介、企業とのやりとりまで全てやってもらえます。

agent

最初にあげた年収別のサイトは、全てこれにあたります。

60歳の方が経験を活かして働ける求人は、転職エージェントしか持っていないことも多く、使わないと損します。

担当は、企業ごとの過去の面接データも持っていて、選考に通るためのアドバイスもしてくれます。

使うだけでチャンスが広がる、60歳の転職には必須のサービスです。

他のタイプを使うべき2つのケース

以下に当てはまる60歳の方のみ、他のタイプの転職サイトを使いましょう。

  • 経歴に自信のある方
    →スカウトサービス
  • 転職エージェントでも決まらなかった方
    →求人サイト

経歴に自信のある方は「スカウトサービス」も必ず使う

まずは転職エージェントを使うべきですが、60歳で経歴に自信がある方は、あわせて以下のようなスカウトサービスにも1社は登録しておきましょう。

これらは、経歴を登録して企業やヘッドハンターからのスカウトを待つ転職サイトです。

主に年収600万円以上のハイクラスの方を対象としています。

scout

メインの利用者は30~50代ですが、以下の経歴の方は60歳以上でもスカウトがもらえる可能性が高いです。

  • 大手企業で管理職をしていた
  • 技術・専門職で、特定の分野に強い

企業からのスカウトだと、いきなり面接に進んでスピーディーに内定が出るケースもあるため、登録しておいて損はありません。

中でもおすすめは、最大手で20,000社以上の企業からスカウトが受けられる「ビズリーチ」です。

「求人サイト」は最終手段として使う

転職エージェントを3つ以上使っても決まらなかった60歳の方のみ、自分で求人を探して応募する以下の「求人サイト」を使いましょう。

jobchange_site

求人サイトなら、最大手であらゆる職種に対応した「リクナビNEXT」がおすすめです。

ただ、他のタイプには以下の点で劣るため、あくまで最終手段と理解しておきましょう。

  • 求人の量と質が落ちる
    →求人は少なく、内容は未経験から始められるシニア向けの体力仕事(警備やマンション管理)がメイン
  • 選考の難易度が上がる
    →サポートが一切なく、書類選考や面接の対策は全て自力

60歳向け転職サイトのおすすめは以上の通りです。

次の章から、まず使うべき「転職エージェント」のおすすめや選び方について、詳しく解説していきます。

2. 60歳向け|転職エージェントのおすすめ6選

60歳の方におすすめの転職エージェントは、以下の大手6社です。

それぞれ「どんな年収の人のサポートに強いか」が違うので、あなたの年収別に以下から3社使いましょう。

~400万円 400~
600万円
600万円~
リクルートエージェント
doda
type転職エージェント
パソナキャリア ×
LHH転職エージェント
JACリクルートメント ×

国内にある大手・優良企業のほとんどはこの6社に求人を出していて、この中から選んでおけば間違いありません。

転職エージェントは大手から中小まで様々ですが、以下の点で優れた大手を使うべきです。

  • 60歳が対象になる大手・優良企業の求人多数
  • サポート実績が多い分、あらゆる業界、企業の転職事情に詳しい
  • 20年以上の歴史ある企業の運営

6社は、業界でも転職エージェントとして真っ先に名前があがる大手で、60歳でも積極的にサポートしてもらえます。

これらは、登録すると担当者がついて、求人の紹介から面接のセッティングや対策まで、あらゆるサポートが受けられます。

agent

具体的には以下6つをしてくれて、あなたは面接以外で企業とやりとりすることがなくなります。

  • キャリアの相談
  • 求人の紹介
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
  • 面接や入社の日程調整
  • 年収交渉

では、おすすめの転職エージェントについて、それぞれ特徴を解説していきます。

2-1. リクルートエージェント

r-agent

リクルートエージェント」は、業界最大手のリクルートが運営する転職エージェントで、求人の量・転職実績共にトップクラスです。

大手中心に良質な求人が多く、サポート体制も整っていることから利用者からの評判は抜群にいいです。

長年の実績から、「まずはリクルートさんにお願いしよう」と考える企業の採用担当も多く、大手から中小まで幅広い求人に強いので、登録しておいて損はありません。

向いている人の年収
~600万円
求人数 約680,000件
対応エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート
運営歴 1977年~

リクルートエージェント公式ページ:https://www.r-agent.com/

2-2. doda

doda

doda」はパーソルキャリアが運営する、業界2位の実績と豊富な求人を持つ転職エージェントです。

求人数・提案力・交渉力・サポート全てが高水準で、非常にバランスがよく、当たり外れが少ないエージェントとも言えます。

リクルートエージェントよりは求人数が少ないものの、一人一人の登録者にきめ細かいサポートをしてくれると好評です。

向いている人の年収
~600万円
求人数 約200,000件
対応エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社
運営歴 1989年~

doda公式ページ:https://doda.jp/consultant/

2-3. type転職エージェント

type

type転職エージェント」は、一都三県を中心とした求人を扱う大手転職エージェントです。

IT・WEB業界の求人、サポートを強みとしており、対象エリアでこの業界を狙う方には外せない一社です。

女性の転職に特化した求人サイトを長く運営していて、女性の転職ノウハウに強い特徴もあります。

向いている人の年収
~600万円
求人数 約29,000件
対応エリア 東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、愛知
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
運営歴 1993年~

type転職エージェント公式ページ:https://type.career-agent.jp

2-4. パソナキャリア

pasonacareer

パソナキャリア」は求人の半数が年収800万を超える、ハイキャリアのサポートに強い転職エージェントです。

運営元のパソナは、人材派遣業の運営歴が40年を超える業界大手で、有名企業とのパイプが強く、大手・優良企業の求人を多く保有しています。

また、会社を上げて女性のサポートに力を入れているため、ハイキャリアの女性の方には真っ先におすすめしたい一社です。

  600万円~
求人数 約36,000件
対応エリア 全国
運営会社 株式会社パソナ
運営歴 1976年~

パソナキャリア公式ページ:https://www.pasonacareer.jp

2-5. LHH転職エージェント

lhh転職エージェント

LHH転職エージェント」は、世界60カ国に拠点を持つグローバル企業が運営する、ハイクラス向けの転職エージェントです。

運営元の「アデコ」は、世界中で長年人材派遣サービスを提供してきた実績があり、外資系企業とのパイプが強いです。

国内の有名企業の求人もありますが、外資系の転職ノウハウ、サポート力では頭ひとつ抜けているため、外資系への転職を狙う方には特におすすめです。

向いている人の年収
600万円~
求人数 約31,000件
対応エリア 全国
運営会社 アデコ株式会社
運営歴 1985年~

LHH転職エージェント公式ページ:https://jp.lhh.com

2-6. JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメント」は、ハイクラスやエグゼクティブの転職で真っ先に名前の上がる老舗の転職エージェントです。

企業側も「管理職」「高待遇の専門職」などハイクラスな求人はJACにだけ相談していることも多いので、これらの求人を探す方は必ず登録しておきましょう。

世界11カ国にも支店を持っていて国外の会社との取引も多く、外資系企業とのパイプも強いです。

向いている人の年収
600万円~ 
求人数 約11,000件
対応エリア 全国
運営会社 株式会社ジェイエイシーリクルートメント
運営歴 1988年~

JACリクルートメント公式ページ:https://www.jac-recruitment.jp/

転職エージェントの3つの注意点

転職エージェントを使うにあたっては、以下の点に注意しましょう。

  • 大手以外を使うのは危険
  • 身の丈に合わないエージェントだと相手にされない
  • 1つに絞ると失敗する

① 大手以外を使うのは危険

ここ数年で、人材紹介業者は1万社以上増加したデータもあり、新しい転職エージェントも大量に増えました。

引用:厚生労働省ホームページ

ただ、こうした新しいエージェントには、以下のようなタイプが多いため注意しましょう。

  • 企業とのパイプが弱く、紹介できる求人が少ない
  • 常に出回っているようなブラック求人しか持っていない
  • 実績が少なく「会社ごとにどう対策すれば内定が出やすい」といったノウハウがない

実績作りのために、合わない求人をごり押しするなど、中にはひどい運営業者もいるので危険です。

優良な業者の見極めが難しいため、聞いた事もないようなエージェントは避け、これまで紹介したような実績のある大手だけを使いましょう。

大手は長年の実績から企業からの信頼も厚く、紹介を頼まれた60歳も対象になる経験者向けの優良求人を豊富に持っています。

国内企業の9割以上が60~65歳と定年としていることもあり、60歳は対象の求人が他の年代に比べて極めて少なくなります。

この点でも多くの企業とのパイプを持ち、豊富な求人を持つ大手エージェントを選ぶのは重要です。

② 身の丈に合わないエージェントだと相手にされない

転職エージェントは「どんな年収の人のサポートに強いか」がそれぞれ違い、合わないものを使うと相手にされないため注意しましょう。

例えば、年収400万円前後の方がハイクラス向けのエージェントを使っても、紹介できる求人がなく、まともにサポートしてもらえません。

逆に年収800万円など高年収の方が若手向けに登録しても、対象の求人が少なく、実力通りの転職ができない可能性があります。

エージェントミスマッチ

こうならないためにも、下記を参考に、年収別に自分にマッチしたエージェントを選んでおきましょう。

~400万円 400~
600万円
600万円~
リクルートエージェント
doda
type転職エージェント
パソナキャリア ×
LHH転職エージェント
JACリクルートメント ×

③ 1つに絞ると失敗する

優良な大手エージェントにも、以下のようなハズレの担当はいるため、必ず3社以上は登録し、担当者を比べましょう。

  • 入ったばかりの新人など、志望業界の知識が少なく深い相談ができない
  • 伝えた条件に合わない求人を紹介してくる

一社に絞ると、こうした担当に当たっても比較ができず、イマイチなサポートに頼って失敗する恐れがあります。

一社のみ登録

複数社使うことで担当ごとのサポートの良し悪しがわかり、1人に足を引っ張られて失敗することは無くなります。

複数社登録

いくつ登録しても無料なのは変わらないため、優秀な担当を見極めるためにも、少なくとも3社は使っておきましょう。

また、エージェントごとにパイプの強い企業が違うので、複数登録には、求人の選択肢が大幅に増えるメリットもあります。

転職エージェントの利用の流れは以下の通りです。

  1. ネットから申し込み
  2. 担当者と面談(対面かWEB)
  3. 求人紹介を受ける
  4. 企業に応募
  5. 面接
  6. 内定

最初の面談ではこれまでの職歴やスキル、転職先の希望条件が聞かれるため、おおまかに整理しておきましょう。

大手エージェントの調査」によると、60歳以上は約4割の方が決まるまでに半年以上かかっているデータがあります。

3~6ヶ月で決まることの多い他の年代に比べて長期間かかる可能性が高いため、なるべく早く申し込みをしておきましょう。

3. 60歳向け|スカウトサービスのおすすめ2選

経歴に自信のある60歳の方は、以下のようなスカウトサービスも1つは使っておきましょう。

スカウトサービスは複数ありますが、上記2社が特に有名で利用する企業も多く、スカウトをもらいやすいです。

迷ったらどれだけの企業が使っているサービスかを公開していて、数が最多の「ビズリーチ」を選びましょう。

  登録企業数 運営歴
ビズリーチ 約30,000社 2009年~
リクルートダイレクトスカウト 非公表 2014年~
doda X 非公表 2019年~
AMBI 約2,800社 2017年~
ミドルの転職 なし
(在籍するエージェントからのスカウトのみ)
2015年~

このタイプの最大の強みは企業から直接スカウトが受けられることですが、企業数が多いほどチャンスは広がり、スカウトも増える傾向があります。

スカウトサービスは、経歴やスキルを登録して、企業やヘッドハンターからのスカウトを待つ転職サイトで、主に年収600万円以上の方を対象としています。

登録するとあなたのプロフィールがデータベースにのり、それを使う企業の人事やヘッドハンターの目に留まると、スカウトが受けられます。

scout

※ヘッドハンター:企業に紹介を頼まれた求人にあった人材を探す業者

メインの利用者は30~50代ですが、以下の経歴の方は60歳でもスカウトがもらえる可能性が高いです。

  • 大手企業で管理職をしていた
  • 技術・専門職で、特定の分野に強い

登録後は待つだけでよく、企業からのスカウトだといきなり面接に進んでスピーディーに内定が決まることもあるため、登録しておいて損はありません。

では、スカウトサービスのおすすめについて、それぞれ特徴を解説していきます。

3-1. ビスリーチ

bizreach

ビズリーチ」は、毎月30,000人以上が登録している今最も勢いのあるスカウトサービスです。

即戦力人材を効率よく採用したい企業が続々と利用を開始していて、登録社数は20,000社を超えます。

一部有料の機能もありますが、最大の目玉である「企業からのスカウトの受け取り、返信」は無料プランでもできるので、まずは無料プランで使ってみるのがおすすめです。

有料プランの機能とは?

ビズリーチで月5,500円の有料プランに入ると開放される主な機能には、以下があります。

  • サイト内の全ての求人の閲覧、応募ができる
  • ヘッドハンターのスカウトが全て見られる

自分からも積極的に動きたい人向けの機能ですが、こうした人には、転職エージェントの活用がおすすめです。

紹介される求人にどんどん応募していくなど、自分からも積極的に動けますが、料金は一切かかりません。

ビズリーチは無料プランで使った上で、求人探しや応募には転職エージェントを活用しましょう。

求人数 約86,000件
対応エリア 全国
運営会社 株式会社ビズリーチ
登録企業数 約29,000社
在籍ヘッドハンター数 6,200人

ビズリーチ公式ページ:https://www.bizreach.jp

3-2. リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト」は、ビズリーチの後を追うように始まった、業界最大手のリクルートが運営するスカウトサービスです。

登録に審査があるビズリーチに対し、審査なしで誰でも登録ができ、全機能を無料で使うことができます。

登録社数は非公開ですが、「最大手だし使っておこう」と考える企業の採用担当者は多いはずで、多くの大手・優良企業が使っていることが推測されます。

ビズリーチが審査に通らず使えなかった方や、さらに可能性を広げたい人は登録しておきましょう。

求人数 約196,000件
対応エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート
登録企業数 非公開
在籍ヘッドハンター数 4,300人

リクルートダイレクトスカウト公式ページ:https://directscout.recruit.co.jp/

スカウトサービスの3つの注意点

スカウトサービスを使うにあたっては、以下の点に注意しましょう。

  • スカウトが中々来ないこともある
  • 企業からのスカウトだと、選考対策は自力になる
  • 質の低いヘッドハンターもいる

①スカウトが中々来ないこともある

基本待ちのサービスなため、これだけに頼ると、スカウトが来ずに、一向に転職活動が進まないケースもあります。

こうならないためにも、担当者に求人紹介を頼むなど自分からも積極的に動ける転職エージェントも必ず利用しておきましょう。

②企業からのスカウトだと、選考対策は自力になる

企業からスカウトを受けるとそのまま面接に進めますが、この場合以下は全て自分でやる必要があります。

  • 面接対策
  • 面接日や入社日の調整、年収交渉などの企業とのやりとり

上記は転職エージェントだと全てやってもらえますが、スカウトサービスでは自力となります。

特に面接対策は、よほど慣れている方でない限り自力では難しいケースが多いため注意が必要です。

いい企業スカウトが来た時に焦らずに面接に進むためにも、まずは転職エージェントに登録し、志望業界の面接対策は受けておきましょう。

③質の低いヘッドハンターもいる

スカウトサービスでは、「ヘッドハンター」と名乗る人材紹介会社からもスカウトが受けられます。

ヘッドハンターの中には、以下のような質の低いタイプもいるため注意が必要です。

  • とにかく接点を持とうと、経歴をよくみずにスカウトを大量に送っている
  • 設立まもない会社で、企業とのパイプも弱く、紹介できる求人も少ない
  • 実績作りのために、合わない求人でもごり押ししてくる

優良なヘッドハンターもいますが、ヘッドハンターからのスカウトは大量に届くケースも多く、見極めるのは難しいです。

そのため、スカウトサービスは、「企業からのスカウト」のみ確認する使い方が効率的でおすすめです。

企業からのスカウトは、面接確定を意味していて、人事担当者があなたの経歴に目を通した上で、本当に会いたいと思って送られることがほとんどです。

スカウトサービスの利用の流れは以下の通りです。

  1. ネットから申し込み
  2. 職務経歴書を登録
  3. スカウトを受けた企業と面接
  4. 内定

上記は企業からスカウトを受けて転職する流れです。

ヘッドハンターからのスカウトの場合は、ヘッドハンターから紹介を受けた求人に応募していくことになります。

4. 60歳向け|最終手段としておすすめの求人サイト

転職エージェントを3つ以上使っても決まらなかった60歳の方のみ、自分で求人を探して応募する「求人サイト」を使いましょう。

あらゆる業界に対応した大手サイトの求人数を比べると以下の通りで、どの地域でも「リクナビNEXT」が飛び抜けて多いです。

  求人数
関東 関西 九州
リクナビNEXT 54,124 17,588 7,278
イーキャリア 21,380 5,036 2,117
マイナビ転職 16,497 8,015 6,699
en転職 3,345 1,699 957
type 2,352 657 422
はたらいく 1,103 522 588
  • 2024年1月時点

どのエリアの求人にも強いため、迷ったら「リクナビNEXT」を選んでおきましょう。

求人サイトは、サイト上の求人を自分で調べて応募していく転職サイトです。jobchange_site

他のタイプの転職サイトには、以下の点で劣るため注意しましょう。

  • 求人の量と質が落ちる
    →求人は少なく、60歳向けの求人は未経験から始められる体力仕事(警備やマンション管理)がメイン
  • 選考の難易度が上がる
    →サポートが一切なく、書類選考や面接の対策は全て自力

転職エージェントを3社以上使っても決まらなかった方のみ、最終手段として使いましょう。

転職エージェントが扱う60代向けの求人は、経験やスキルを活かして即戦力になる人材を対象とするものが大半です。

3社以上の転職エージェントを使っても決まらなかった方は、経験を活かした転職は難しい可能性が高いです。

こうした方は、求人サイトで60歳からでも始められる未経験歓迎求人に自分で応募していく方が決まりやすく、おすすめです。

4-1. 求人サイトなら「リクナビNEXT」がおすすめ

正社員としての転職を目指す方は、最大手の「リクナビNEXT」を使っておけば間違いありません。

リクナビnext

総求人数は10万件以上と他サイトの倍以上あり、「60代が活躍中」となっている未経験歓迎の求人も多いです。

あらゆる職種をバランスよく扱うため、特にやりたいことが決まっていない方は、まずはこれに登録して活動を進めましょう。

リクナビNEXT公式ページ:https://next.rikunabi.com/

正社員にこだわらないなら「マイナビミドルシニア」もおすすめ

マイナビミドルシニア

正社員にこだわらない方には、アルバイトや契約社員の40~60代向けの求人をメインで扱う「マイナビミドルシニア」もおすすめです。

タウンワーク」のような、学生も対象とするような一般的なアルバイト募集サイトと比べると、40~60代向けの求人だけが集まっているため、効率的に探すことができます。

業界大手マイナビの運営ということもあり、以下のように、他の中高年に特化した求人サイトと比べても、圧倒的に求人数が多いです。

扱う60歳向けの求人は、「警備員、交通誘導、マンション管理、清掃」がメインとなっています。

マイナビミドルシニア公式ページ:https://mynavi-ms.jp

介護、保育の仕事なら専門の転職サイトがおすすめ

未経験からでも始めやすい介護職や、保育の仕事が気になる方は、以下のような専門の転職サイトを使いましょう。

介護士専門のおすすめ 介護ワーカー
保育士専門のおすすめ ヒトシア保育

正社員からアルバイトまで、職種ごとに求人が充実しているため、一般的な転職サイトより60歳が対象の職場が見つかりやすいです。

いずれも転職エージェントの機能も持っていて、無料で転職相談ができたり、求人紹介を受けることもできます。

自分で求人を探すのが面倒な人は、会員登録してエージェントに希望条件を伝えて仕事を紹介してもらいましょう。

4-2. それでもダメならハローワークを使う

求人サイトでも転職が決まらなかった方は、公共の職業紹介サービス「ハローワーク」を使いましょう。

これまで紹介した民間のサービスに比べると、地方や小さい会社の求人が多いですが、60歳でも応募できる年齢不問の求人が多く掲載されています。

求人は以下から調べられるため、求人サイトでもいい求人が見つからなかった方は利用してみましょう。

https://www.hellowork.mhlw.go.jp/kensaku/

月3~5万円でいいなら「シルバー人材センター」という選択も

収入は月3~5万円でいいから働きたいという方は、地域のシルバー人材センターに入会して仕事をもらう方法もあります。

シルバー人材センターは市町村ごとにある、60歳以上が利用できる公共の組織で、月10日以内の出勤で、3~5万円がもらえる軽い仕事の紹介が受けられます。

仕事内容や最寄りのセンターは以下から調べられるため、気になる方は確認してみましょう。

シルバー人材センター公式ページ:https://zsjc.or.jp/

5. 60歳こそ転職エージェントを使うべき3つの理由

これまで紹介してきた通り、一口に転職サイトといっても様々ですが、以下の理由で、60歳の方にはまず転職エージェントをおすすめします。

  • 経験・スキルを活かした仕事が見つかりやすい
  • 選考で有利になりやすい
  • 自分で動くより圧倒的にラク

3種の転職サイトを比べた結果は以下の通りで、全ての面で優れているのは転職エージェントだけでした。

サポート 求人の質・量 選考の有利さ
転職エージェント
相談〜内定後の交渉まで

良質な非公開求人、数多い

選考対策・プッシュあり
スカウトサービス
企業からのスカウトなら無し

良質な非公開求人、数多い

企業スカウトなら書類選考なし
求人サイト ×
自分でやる

公開求人、数少ない
×
自力で頑張る

3つの理由について、それぞれ解説していきます。

理由1. 経験・スキルを活かした仕事が見つかりやすい

転職エージェントは、60歳が対象になる経験者向けの求人を豊富に持っていて、60歳でも経験やスキルを活かして働ける仕事を紹介してくれます。

60歳が転職エージェントを使う最大のメリットはこの点で、これだけでも使う価値があると言えます。

60歳は以下のような貴重なキャリアを持つ方が多いですが、求人自体が少ないこともあり、経験が活かせる仕事を自力で見つけるのは難しいです。

  • 管理職として組織をまとめた経験
  • 営業やエンジニアなど、特定の職種で長年働いてきた経験

結果として、60歳でも未経験からできる「ドライバー」や「警備員」といった体力仕事に落ち着いてしまう方が多いのが現実です。

以下は一例ですが、転職エージェントを使えば、豊富な求人から60歳でも経験を活かして活躍できる職場を提案してもらえます。

  • 大手製造業メーカーの役員→中小食品メーカーの顧問職へ転職(事例詳細
  • 高分子の研究開発職→同職種の外資系への転職(事例詳細

経歴に自信のない方も、どんな可能性があるのかの確認のステップとして、転職エージェントは利用しておきましょう。

求人が多いメリットも

以下のように、転職エージェントは他の転職サイトと比べて求人数が多く、最も多くの求人に触れることができます。

転職エージェント リクルートエージェント 680,000
doda 200,000
スカウトサービス ビズリーチ 86,000
求人サイト リクナビNEXT 100,000

60歳は対象の求人自体が現役世代に比べてかなり減るため、なるべく多くの求人がある転職サイトを使っておくことは重要です。

転職エージェントは経験者向けの求人が多いだけでなく、シンプルに求人数も多いのでおすすめです。

理由2. 選考で有利になりやすい

転職エージェントを使うことで、直接申し込んだ人よりも、選考が有利に進むことがあります。

採用側からすると、どこの誰かわからない人よりも、転職エージェントがプッシュしてくる人の方が安心して採用することができるからです。

エージェントは、企業側に書類に書けないあなたの魅力をアピールしてくれ、優秀なエージェントだと、面接で失敗しても結果を覆してくれることもあります。

年齢だけで選考で不利になることも多い60歳の方には、強い味方になるのは間違いありません。

理由3. 自分で動くより圧倒的にラク

転職エージェントを使えば、以下を全て無料でしてもらえて、あなたは面接以外で企業とやりとりする必要がなくなります。

  • キャリアの相談
  • 求人の紹介
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
  • 面接や入社の日程調整
  • 年収交渉

自分で求人を探して応募する場合と比べて、圧倒的に手間が減り、あなたは、選考対策だけに集中できるようになります。

特に働きながら転職活動をする場合、日中の連絡や、面接調整など、仕事と転職活動の両立は非常にハードです。

転職エージェントは現在の仕事の事情も考慮してくれ、まるで秘書のように、転職ですべきことを行ってくれます。

デメリットは使い方次第で解消できる

転職エージェントには以下のデメリットもありますが、このページで紹介している通りに選ぶことで、いずれも解消が可能です。

  • ×ハズレの業者や担当者に当たると、役に立たず、足を引っ張られる
    →実績のある大手のエージェントだけを使う
    →3社以上使い、担当者を比べる
  • ×相手にしてもらえず、満足いくサポートを受けられないことがある
    →ターゲットの年収が自分に合ったエージェントを選ぶ

すぐに転職する気がない方にも、転職エージェントがおすすめです。

担当がつくのは気が引けるかもしれませんが、そもそも転職するべきかの相談や、どんな求人があるのか知りたいといった理由で使う方も多いです。

求人紹介を受けた上で応募しなくても全く問題はないので、まずは気軽に利用してみましょう。

6. 転職エージェントを最大限活用するためにすべき9つのこと

ここでは、転職エージェントの裏事情も踏まえ、最大限活用するためにすべき以下9つのポイントを紹介していきます。

  • 最初の申し込みを丁寧に行う
  • 希望の転職時期は「1日でも早く」と答えておく
  • 経歴・スキルに嘘はつかない
  • 複数のエージェントを使っていることは隠さない
  • 少なくとも2週に一度はコンタクトをとる
  • 担当者が使えないと判断したら付き合わない
  • 「推薦状を見せて欲しい」と伝える
  • 「転職したら3年は頑張りたい」と言っておく
  • 最低限のマナーは守る

6-1. 最初の申し込みを丁寧に行う

優秀な担当者をつけてもらうために、登録時の情報入力は省略せず、できる限り丁寧に行いましょう。

入力が適当だと、「この人は転職するかわからないから、実力ある担当をつけるのはもったいないな。新人に任せてみよう。」となり、優秀な担当がつかないリスクがあるからです。

下記を意識し、転職への熱意を伝え、優秀な担当をつけてもらいましょう。

  • 入力が任意の箇所でもできる限り全て埋める
  • 転職予定時期を選ぶ箇所があれば、「すぐにでも」やそれに近い回答を選ぶ
  • 経歴を書く場面があれば、強みになりそうな経歴は省略せずに書く

6-2. 希望の転職時期は「1日でも早く」と答えておく

最初の面談でも、エージェントに希望の転職時期を聞かれますが、「1日でも早く転職したい」と答えておきましょう。

エージェントは内定が決まって初めて企業から手数料がもらえ、それが個人のノルマになったり、ボーナスを決める要因になります。

以下のような方はどんなに優秀でも、自然と対応の優先度が下がります。

  • 転職予定がかなり先
  • そもそも転職への意欲が低い

すぐにでも転職したい意思を伝えることで、「早く売り上げにつながる人」と判断され、優先的に対応してもらうことができます。

6-3. 経歴・スキルに嘘はつかない

求人を紹介するにあたって最初に経歴やスキルを聞かれますが、なるべく嘘のない回答を心がけましょう。

転職エージェントにとっては、転職する本人だけでなく、手数料をくれる企業側との関係も大事です。

いざ働き始めてから「紹介された人材が話と違う」となると、エージェントは企業からの信頼に傷がつきます。

やり取りの中で嘘がわかると、企業との関係が悪くなるのを恐れて求人紹介が減るため注意しましょう。

6-4. 複数のエージェントを使ってることは隠さない

転職エージェントを複数使う場合、他社も使っていることは、それぞれに隠さず伝えましょう。

言いにくいと感じるかもしれませんが、隠すのには以下のリスクがあります。

  • あなたの希望求人のイメージに誤解が出る
  • 結果として、的外れな求人紹介ばかりになる

すでに他社で応募した求人を紹介されたときに、隠していると「すでに応募済み」とは言えず、適当な理由で断るしかなくなります。

これを繰り返すと、本当はあなたに合った求人も、「前に似た求人を断られたな」と思われ紹介されなくなり、希望とズレたものばかり紹介されるようになります。

こうならないためにも、他社を使っていることは、話しておきましょう。そもそも複数社使うのはごく普通のことで、気にする必要はありません。

6-5. 少なくとも2週に一度はコンタクトをとる

登録後は、少なくとも2週に一度は、エージェントにコンタクトを取るようにしましょう。

長期間連絡しなかったり、応募をしない期間が続くと、「転職が決まって活動を終了した」と判断され、求人が紹介されなくなります。

以下のような簡単な質問でいいので、日頃からこまめにしておきましょう。

  • こういった求人はないか
  • こんな業界は自分でも通るか

自動的に、後回しにされるリスクも

転職エージェントは、企業から紹介の依頼を受けると、自社のシステムから転職活動中の候補者を絞ります。

その際以下のように情報の更新日(最後にコンタクトを取った日)が新しい人から順に候補者が表示され、エージェントはこれを見て求人紹介をしていきます。

エージェントがシステムで候補者を選ぶ画面

更新日が古いとあなたの名前がエージェントの目にも触れず、機械的に後回しになるリスクがあります。

この点も意識し、こまめに連絡は取るようにしましょう。

6-6. 担当者が使えないと判断したら付き合わない

どんなに大手の優良エージェントでも、仕事のできない担当者は存在します。そういった担当に当たってしまったら利用をやめましょう。

具体的には下記に2つ以上当てはまったら、危険なので、担当を変えてもらうか、そのエージェントの利用を止めましょう。

付き合うべきではない担当者の特徴
  • 業界知識が乏しく、深い話ができない
  • 転職に関して話していても経験を感じられない
  • 希望した条件以外の的外れな求人ばかり紹介してくる
  • あなたの都合を考えずに、応募を強要してくる(営業感が強い)
  • 必要な連絡や手続きが遅い、ミスが目立つ

2つ以上当てはまった場合、下記の方法で担当を変えるか、そのエージェント自体の利用を止めましょう。

担当を変えたい場合

担当者を変えたい場合は、問い合わせフォームに以下の文章を送りましょう。

件名:担当変更のご相談

いつもお世話になっております。(あなたの名前)です。

私は現在、(担当者名)様に転職サポートをして頂いており、熱心なアドバイスや求人紹介には大変感謝しております。

しかし、(担当者名)様の考える転職プランと、私の理想のキャリアプランにズレを感じており、ご本人にも何度か相談しましたが、改善も困難と考えております。

つきましては、もし可能でしたら、担当者を変更していただけないでしょうか。

お手数かけますが、何卒よろしくお願いいたします。

担当者に直接伝える方法もありますが、言いにくいと感じる方が多いです。

各社公式ページやマイページで問い合わせフォームを用意しているため、これを活用しましょう。

エージェント自体の利用をやめる場合

基本的に面談や面接の約束をしていないのであれば連絡を無視すれば大丈夫です。

ただ、連絡がしつこくくる場合は、退会の手続きをしましょう。

エージェント自体の利用をやめる場合は、問い合わせフォームや担当者へのメールで、以下の文章を送りましょう。

件名:退会手続きのお願い

〇〇エージェント 〇〇様

いつもお世話になっております。(あなたの名前)です。

この度、転職活動を休止することとなり、それに伴い退会の手続きをお願いしたいです。

(担当者名)様には、親身に相談に乗っていただき、たくさんの求人をご紹介いただいたのですが、改めて自分のキャリアを考えた際に、もう少し今の職場で頑張ろうと思いました。

熱心にサポートして頂いたにも関わらず、申し訳ございません。

お忙しい中恐縮ですが、ご対応のほどよろしくお願い申し上げます。

退会にあたって、料金がかかるなどのペナルティは一切ありません。

6-7. 「推薦状を見せてほしい」と伝える

エージェントは応募の際に、企業にあなたの強みを客観的な視点で伝える推薦状をつけてくれます。

これについて、以下の理由で見せて欲しいと伝えてみましょう。

  • 面接での自分の発言と違いが出ないか不安
  • 改めて自分のアピールポイントを整理したい

見せてくれるかは担当によりますが、こうすることで、エージェントにとって「人事にしっかりアピールできるものを書かないと」というプレッシャーになります。

以下のように、定型文のような、手抜きの推薦文を出すエージェントもいますが、そういったことの防止になります。

(参考)ひどい推薦文の例

〇〇大学を卒業後、△△社にて営業職として5年勤務されていました。

コミュニケーション能力が高く、明るい方です。

ぜひ一度お会い頂きますよう、お願い申し上げます。

6-8. 「転職したら3年は辞めずに頑張りたい」と言っておく

エージェントに対して、「転職したら3年は辞めずに頑張りたい」と日頃から言っておきましょう。

転職エージェントは、転職した人が早期退職すると、企業から受け取った手数料を返還する決まりがあります。

転職してもすぐ辞めそうな人は、結局売り上げにつながらない可能性が高く、エージェントにとってサポートするメリットが薄いです。

紹介される求人が減ることもあるため、こうした見られ方をしないためにも、長く続ける意思は示しておきましょう。

また、前職の不満のようなネガティブな話ばかりの人も、「文句ばかりで仕事が続かない人」という印象を持たれやすいです。

こうした話はしすぎないよう注意しましょう。

6-9. 最低限のマナーは守る

エージェントとのやり取りでは、面談の時間に遅れない、遅れる際は連絡を入れるのように、最低限のマナーは守りましょう。

こうした常識がないと、「マナーがない=企業にも悪印象を与える人材で内定の見込みが少ない」と判断され、対応の優先度を下げられます。

また、担当者も人間ですから、個人的な感情で、力の入れ具合が変わることも多いです。

応募する会社だけでなく、エージェントに対しても感謝の気持ちを持って、丁寧な対応を心がけましょう。

7. 60歳からの転職についてよくある質問

最後に、60歳の転職についてよくある以下の質問に回答していきます。

7-1. 60歳からの転職は難しい?

国内企業の9割以上が60~65歳を定年としているのもあり、年齢だけで不採用になるケースが多く、難しいと言えます。

企業としてはなるべく長く活躍してくれる若い人材が欲しい本音があり、積極的に採用している企業は少ないです。

正社員としての転職は特に難しく、「厚生労働省の調査」によると、60歳以上はパートタイムの仕事を始める人の割合が急増するデータもあります。

新たに始める仕事がパートタイムの人の割合
男性 女性
50~54歳 30.3% 68%
55~59歳 26% 70.1%
60~64歳 44.5% 73.7%
65~69歳 69.2% 89.8%

ただ、以下のキャリアの方は、60歳でも即戦力として活躍しやすく、正社員になれる方も多いです。

  • 大手企業で管理職をしていた
  • 技術・専門職で特定の分野に強い

7-2. 60歳からでも未経験でできる仕事ってどんなの?

主な仕事としては、以下があげられます。

  • 警備員
  • 交通誘導員
  • マンション管理人
  • 清掃員
  • 介護職
  • タクシーなどのドライバー

転職サイトで「60代が活躍中」となっている未経験歓迎の求人は、上記が多くを占めています。

立ち仕事などで、体力を使う仕事がほとんどです。

こうした仕事に自信がない方は、必ず転職エージェントに登録し、経験やスキルを活かせる他の仕事がないか確認しておきましょう。

7-3. 60歳からの転職を成功させるコツは?

まず、これまでの経験やスキルを活かした仕事を探す上で、転職エージェントに登録するのは欠かせません。

60代の経験者向けの求人は少なく、自力で探すのは難しいため、大手から中小まであらゆる優良企業とパイプを持つ大手エージェントを頼りましょう。

また、ある程度収入が減ることは受け入れるなど、待遇面で高望みをしないスタンスも重要です。

厚生労働省の調査」によると、転職によって収入が減る人の割合は、60歳を超えると大幅に増えるデータもあります。

転職で収入が減った人の割合
40~44歳 37.4%
45~49歳 32.5%
50~54歳 53.2%
55~59歳 49.9%
60~64歳 61.2%
65歳以上 69%

60歳からは収入を下げて転職する人の方が多くなるため、収入ダウンも受け入れる姿勢でいた方が、決まる可能性は高いです。

どうしても下げたくない方は、転職エージェントに収入を維持して働ける職場がないか相談してみましょう。

まとめ

60歳向けの転職サイトについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

60歳の方は、まずは以下の転職エージェントに、年収別に3つ以上登録しましょう。

~400万円 400~
600万円
600万円~
リクルートエージェント
doda
type転職エージェント
パソナキャリア ×
LHH転職エージェント
JACリクルートメント ×

年収600万円以上の方は、以下のスカウトサービスも一つは使っておきましょう。

リクナビNEXT」のような求人サイトは、転職エージェントを3つ以上使っても決まらなかった時の最終手段として使いましょう。

当ページの内容が、あなたの転職成功のお役に立てることを、心から祈っています。

<その他当ページで紹介した転職サービス>

求人サイト
マイナビビドルシニア:正社員にこだわらない方向け
介護ワーカー:未経験からできる介護の仕事を探す方向け
ヒトシア保育:未経験からできる保育の仕事を探す方向け
公共サービス
ハローワーク:求人サイトでも決まらなかった人向け
シルバー人材センター:月3~5万円でもいいという人向け