ページの一部でマイナビ等の広告が掲載されています。

飲食業界に強い転職エージェントのおすすめ5選|危険な裏事情と選び方

「飲食業界の転職におすすめの転職エージェントは?」、「そもそもエージェントは使うべき?」など、飲食業界に強い転職エージェントが気になっていませんか?

求人票には載らないデメリットが知れたり、エージェントしか持っていない優良求人もあるので、飲食業界の方も転職エージェントは必ず使うべきです。

ただ、近年「飲食業界に強い」とアピールする低品質なエージェントが急増していて、選び方を間違えると転職の失敗につながります。

このページでは、転職エージェントとして1,000人以上の転職をサポートしてきた筆者が、飲食業界向けの転職エージェントについて、以下の流れで解説していきます。

  1. 【結論】飲食業界の方が使うべき転職エージェント
  2. 飲食業界の方こそ転職エージェントを使うべき3つの理由
  3. 飲食業界向け|転職エージェントおすすめランキング
  4. 飲食業界向け|転職エージェントの選び方
  5. 飲食業界の転職に使えるエージェント以外のサービス
  6. 転職エージェントを最大限活用するためにすべき8つのこと
  7. 飲食業界の転職についてよくある質問

このページを読めば、飲食業界の転職にはどのエージェントを使うべきか、失敗しない選び方から使いこなすコツまでが全てわかり、転職エージェントで失敗することがなくなるでしょう。

著者:I.J(現役転職エージェント)
著者情報を詳しく見る

ij
30代の現役転職エージェントで、当サイトの発起人。

新卒で大手エージェントに入社。求職者向けのキャリアアドバイザーを経験後、法人担当(採用企業側の担当)も経験する。

累計3,000名以上の求職者をサポートしてきた経験を活かし、他社勤務も経て、現在は大手エージェントの、求職者のサポート部門でマネージャーを行う。

匿名だからこそ発信できる業界の裏事情など「綺麗事では語れない、転職する人に真に価値のある情報を」という思いでこのサイトを立ち上げた。

目次

1. 【結論】飲食業界の方が使うべき転職エージェント

このページでは、飲食業界の方におすすめの転職エージェントについて詳しく解説していきます。

長くなってしまったので先に結論を言うと、おすすめエージェントTOP5は以下の通りです。

サポート力 実績 求人数
1位.クックビズ
2位.フーズラボエージェント
3位.個人店のミカタjob
4位.itk
5位.リクルートエージェント

これは、飲食業界に対応したエージェント20社以上を、実績、求人数、サポート力の3つでランク付けした結果です。

この中から3社は使い、求人や担当者を見ながら使うエージェントを絞っていくのが、ベストな方法です。

そもそも転職エージェントとは

転職エージェントとは、転職するときに間に入ってくれるエージェント(代理人)のことで、転職に必要なサポートをしてくれる完全無料のサービスです。

登録すると、あなたの経歴や資格に合わせて、求人の紹介から面接のセッティングや対策、内定後の手続きまで行ってくれます。

agent

具体的に言うと下記をしてくれて、あなたは面接以外で応募先と直接やりとりする必要がなくなります。

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 応募書類の添削
  • 面接対策や当日の同行
  • 面接や入社の日程調整
  • 給与などの条件交渉

逆に言うと、エージェントを使わないとこれらは全て自分でやる必要があります。

働きながらの転職活動の場合は特に大変で、これから紹介する理由も踏まえ、転職エージェントは、飲食業界の方こそ必ず使うべきサービスです。

2. 飲食業界の方こそ転職エージェントを使うべき3つの理由

転職サイトから自分で応募するなど他にも方法があり、そもそもエージェントを使うべきか迷う方もいるでしょう。

ただ、以下の理由で、飲食業界の方こそ、転職エージェントは使うべきです。

  • 転職後のミスマッチが起きにくい
  • 条件がいい求人が見つかりやすい
  • 自分で探すより圧倒的にラク

理由1. 転職後のミスマッチが起きにくい

転職エージェントを使えば、「いざ働き始めたら、思っていたのと違った」といったミスマッチは起こりにくくなります。

求人のデメリットや裏側も踏まえて、あなたの希望にマッチする求人だけを紹介してくれるからです。

転職エージェントは、求人票からは読み取れない、以下のような情報も大量に持っています。

  • 現場の雰囲気はどうか、店長はどんな人柄か
  • サービス残業はどれだけあるか
  • 直近でどれだけ人が辞めているか

現場に通ってスタッフに話を聞いたり、過去にサポートした人へも聞き取りをして、こうした情報を日々集めています。

帝国データバンクの調査」によると、2023年時点で6割以上の飲食店が人手不足というデータもあり、飲食業界の人手不足は深刻です。

採用に苦労していて、とにかく人が欲しいあまり、面接でも肝心なデメリットを教えてくれないお店も多いのが現実です。

飲食業界の場合、いざ働き始めてから、以下のような隠れたデメリットに後悔するケースはよくあります。

  • 「サービス残業が当たり前で、毎日12時間以上拘束される」
  • 「繁忙期になると全然休みが取れなくなる」
  • 「本部の課すきついノルマに、現場が疲れ切っている」

エージェントはこうした職場ごとの悪い点についても先に教えてくれるため、転職の失敗を防げるようになります。

なぜここまでしてくれるの?

転職エージェントは、転職を成功させないと利益が出ない仕組みで、ミスマッチはエージェントにとっても損になるからです。

転職エージェントは、企業にあなたを紹介することで、企業から紹介料を受け取るビジネスです。

この紹介料は、仮にあなたが3ヶ月以内など短期で辞めた場合は、事業者に返金するルールがあります。

あなたにすぐに辞められると、転職エージェントは紹介料が手に入らず、大損になるのです。

長く続けられる職場に転職をしてもらい、利益につなげるためにも、ミスマッチを防ぐことに全力を注いでくれます。

理由2. 条件がいい求人が見つかりやすい

そもそもですが、下記のような優良求人は、インターネットには中々出てきません。

  • 待遇のいい個人店など、公開すると人が殺到するような求人
  • 人気店の新規オープン案件など、表に募集を知られたくない求人
  • 今、その職場で働いている人が嫉妬するような条件の求人

これらの求人は、飲食店が取引のある転職エージェントに内々に相談し、そのエージェントに登録している人だけに紹介されます。

転職エージェントを使えば、こうした質の高い”非公開求人”にも応募できるようになります。

理由3. 自分で探すより圧倒的にラク

転職エージェントを使えば、以下を全て無料でしてもらえて、あなたは面接以外で応募先とやりとりする必要がなくなります。

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
  • 面接や入社の日程調整
  • 給与などの条件交渉

自分で求人を探して応募する場合と比べて、圧倒的に手間が減り、あなたはマッチする職場を選ぶことに集中できるようになります。

特に働きながら転職活動をする場合、日中の連絡や、面接調整など、仕事と転職活動の両立は非常にハードです。

転職エージェントは現在の仕事の事情も考慮してくれ、まるで秘書のように、転職ですべきことを行ってくれます。

転職エージェントにデメリットはないの?

デメリットは2つ存在し、使い方によっては転職の失敗につながります。

  1. ハズレの業者や担当者に当たると、役に立たず、足を引っ張られる
  2. 相手にしてもらえず、満足いくサポートを受けられないことがある

それぞれ解説します。

デメリット①ハズレの業者や担当者に当たると、役に立たず、足を引っ張られる

転職エージェントの業者にもそこで出てくる担当者にも、当たり外れがあることに注意しましょう。

×ハズレの転職エージント業者の特徴
  • 設立したばかりなどで、飲食店とのパイプがなく、求人が少ない
  • 実績が少なく、店ごとの内部情報やデメリットなど、重要な情報を持っていない
  • 1人1人の担当に無理なノルマを押し付け、利用者の幸せを考えない転職を強いる
×ハズレの担当者の特徴
  • 入ったばかりの新人などで、飲食業界の知識が浅く、深い相談ができない
  • 必要な連絡を忘れるなど、シンプルに仕事ができない
  • 希望と違う求人を紹介してくる

こういった業者や、担当者に頼ってしまうと、逆に足でまといになり、転職に失敗する原因になります。

これらを避けるためにも、下記を重視して転職エージェントを選びましょう。

  • 実績があり、求人も豊富な大手エージェントを使う
  • あらかじめ3社は登録し、ハズレの担当がついたエージェントの利用を止める

デメリット②相手にしてもらえず、満足いくサポートを受けられないことがある

転職エージェント自体が、転職を成功させることで、飲食店からお金をもらっています。

つまり、下記のような人で、「転職できる見込みがない」とみなされると放置されたり、求人を紹介してもらえなかったり、利用を断られることもあります。

  • 転職活動へのやる気が見えず、本当に転職したいのかわからない
  • 応募しても全然内定が決まらない

そのため、登録して、満足できるサポートを受けられなかった場合は、求人サイトから自分で応募するなど、その他の手段を検討しましょう。

3. 飲食業界向け|転職エージェントおすすめランキング

今回当ページでは、飲食業界に対応した転職エージェント20社以上を以下の観点で比較しました。

  • サポート力:飲食業界に詳しい担当のサポートがあるか
  • 実績:飲食業界でどれだけの転職サポート実績があるか
  • 求人数:飲食業界の求人数

その結果、トータルで特に優れていたのは以下5社でした。

サポート力 実績 求人数
1位.クックビズ
2位.フーズラボエージェント
3位.個人店のミカタjob
4位.itk
5位.リクルートエージェント

いずれも、飲食業界では真っ先に名前の上がる大手で、使った方の評判も極めていいです。

以下の点ではどれも共通していて、飲食業界のあらゆる求人に対応しています。

  • 店の規模:大手チェーンから個人店まで
  • ジャンル:和食、イタリアン、カフェ、ホテルなど幅広く対応
  • 職種:店長、料理長、ホール、調理担当など幅広く対応

それぞれ、特徴を解説していきます。

1位. クックビズ

cook_biz

クックビズ」は、設立15年以上の上場企業が運営する、飲食専門では最大手の転職エージェントです。

求人数は約3万件とダントツのトップで、あらゆる業態・職種に強いので、飲食業界の転職には欠かせない1社です。

支店は東京、名古屋、大阪の3箇所ですが、全国の求人紹介が可能で、その他エリアの方も電話やオンラインでサポートが受けられます。

求人数(飲食業界) 約30,000件
対応エリア 全国
運営会社 クックビズ株式会社
運営歴 2007年~

クックビズ公式ページ:https://cookbiz.jp

2位. フーズラボエージェント

foods_labo

フーズラボエージェント」は、ここ数年で急速に力をつけてきた、現在最も勢いのある飲食専門の転職エージェントです。

担当者は、飲食業界の経験者や、人材サービス10年以上のベテランが多く、業界に詳しい担当にじっくり相談に乗ってもらえます。

エージェント以外の機能も充実していて、登録するとスカウトを受けたり、自分で求人を探して企業に応募することもできます。

求人数(飲食業界) 約15,000件
対応エリア 全国
運営会社 株式会社クオレガ
運営歴 2017年~

フーズラボエージェント公式ページ:https://foods-labo.com

3位. 個人店のミカタjob

koji_job

個人店のミカタjob」は、設立20年の株式会社フードコネクションの運営する飲食専門のエージェントです。

運営会社は、エージェント業以外にも、飲食店のHP制作やコンサルティングなど、業界の仕事を幅広く行っています。

これらを通して、他社が扱わないような個人店とも独自のパイプを持っていて、掘り出し物の求人紹介が期待できます。

求人数(飲食業界) 約3,800件
対応エリア 全国
運営会社 株式会社フードコネクション
運営歴 2004年~

個人店のミカタjob公式ページ:https://www.kojijob.com

4位. itk

itk

itk」は、主に東京周辺の求人に強い、飲食専門の転職エージェントです。

若手を対象としたサービスが多い中、40~50代も積極的にサポートしていて、幅広い年代の方に使われています。

東京を中心に、飲食業界の人材紹介を15年以上続けていて、都内の飲食店の内部事情にはどこよりも詳しいです。

求人数(飲食業界) 約600件(その他非公開求人1万件以上)
対応エリア 主に東京
運営会社 株式会社itk
運営歴 2006年~

itk公式ページ:https://i-t-k.co.jp

5位. リクルートエージェント

r-agent

リクルートエージェント」は、業界最大手のリクルートが運営する転職エージェントで、飲食業界にも対応しています。

飲食に特化していないものの、大手チェーンを中心に、専門のエージェントに負けない求人数を誇ります。

また、都市部の求人が多い専門のエージェントに対し、地方の店舗にも広く対応しているので、地方での勤務を希望する方には特におすすめです。

求人数(飲食業界) 約10,000件
対応エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート
運営歴 1977年~

リクルートエージェント公式ページ:https://www.r-agent.com/

その他、飲食業界向け転職エージェントまとめ

その他、ランク外となった飲食業界専門のエージェントを以下に全てまとめました。

求人数 運営開始
ジョブレストラン 約1,600件 2008年
飲食転職なび 約200件 2003年
グルメキャリー 約400件 2005年
フードジョブ 約900件 2006年
プラスナビクック
※調理師専門
約3,000件 2018年
フードコネクト
※生鮮・飲食専門
約100件 2020年
フードエージェント 約400件 2007年
エフジョブ 非公開 2009年
Foodme 非公開 2007年
キャリアメニュー 非公開 2018年
ジョブスタ 非公開 2002年
クックフラット 非公開 2020年
食バンク 非公開 2011年

どれも紹介した5社に比べると実績や、求人数などの面では劣るサービスで、まず使うべきエージェントではありません。

まずは、いずれの面でも優れた、以下の大手エージェントを使って活動をすすめましょう。

  1. クックビズ
  2. フーズラボエージェント
  3. 個人店のミカタjob
  4. itk
  5. リクルートエージェント

次の章から、ランキングの根拠となった、飲食業界向けエージェントの選び方を解説していきます。

4. 飲食業界向け|転職エージェントの選び方

飲食業界の転職エージェントは、以下の方法で選んでおきましょう。

  • 選び方1. 飲食業界専門のエージェントを選ぶ
  • 選び方2. 実績・知名度のある大手を選ぶ
  • 選び方3. 飲食業界の求人が豊富なエージェントを選ぶ

選び方1. 飲食業界専門のエージェントを選ぶ

飲食業界の転職に使えるエージェントは以下2種類がありますが、必ず飲食業界専門を使いましょう。

  • 総合型:あらゆる業界に対応していて、飲食にも対応
  • 飲食業界専門:飲食業界だけに特化したサービス

専門のエージェントなら、担当者も飲食業界に詳しく、深い相談ができたり、正確にマッチした求人を紹介してもらえます。

リクルートやdodaのような総合型は、主にオフィスで働く仕事の転職サポートがメインで、担当も飲食業界にはそこまで詳しくありません。

大手チェーン店を中心に求人は持っていますが、店ごとの隠れたデメリットの情報提供など、細かいサポートは期待できません。

最大手の「リクルートエージェント」のみ、飲食業界の求人数自体は多いので、専門エージェントとあわせて使ってもいいでしょう。

ただ、その他の総合型エージェントは飲食業界の求人自体あまり持っていないケースが多く、おすすめしません。

選び方2. 実績・知名度のある大手を選ぶ

飲食業界専門のエージェントは、大手から新設の小さい業者までいくつもありますが、なるべく大手を使いましょう。

採用に関して、実績や知名度のある大手エージェントほど頼る飲食店が多く、たくさんの店とのパイプを持っていて、非公開の待遇のいい求人も集まりやすいです。

また、サポート実績が多い分、「店ごとにどう対策すれば内定が出やすいか」といったノウハウにも詳しく、選考でも強い味方になります。

知っておくべき裏事情:近年は低品質なエージェントが急増した

下記は厚生労働省の出す転職エージェントなどの職業紹介事業所の数の推移ですが、転職エージェントは、5年間で約1万社も急増しました。

引用:厚生労働省ホームページ

これには、不人気なブラック求人がネット上に大量に出回るようになり、これを使うことで誰でも簡単にエージェント業を始められるようになった背景があります。

中でも、ブラックな飲食求人だけをかき集めて、「飲食業界特化!」と打ち出して開業するひどいエージェントも増えています。

新設のエージェントは、たいていこうした不人気な求人しか持っていませんし、加えて以下のデメリットもあります。

  • 飲食店とのパイプが弱く、隠れたデメリットなど、内部事情に詳しくない
  • 経験が少なく「店・企業ごとにどう選考対策するべきか」といったノウハウがない

こうしたエージェントにあたると、実績作りのために、希望と違う求人をごり押しさたり、転職失敗の原因にもなるため注意が必要です。

優良なものもありますが、見極めが難しいため、聞いた事もないような中小エージェントは避け、実績のある大手だけを使っておきましょう。

選び方3. 飲食業界の求人が豊富なエージェントを選ぶ

飲食業界に対応したエージェントの中でも、求人数は業者によって大きな差がつきます。

求人数(飲食業界)
クックビズ 約30,000件
フーズラボエージェント 約15,000件
フードジョブ 約900件
フードエージェント 約400件

シンプルに選択肢を広げる意味でも、なるべく求人の豊富なエージェントを使っておきましょう。

求人の少ないエージェントだと、少ない手持ちから決めようと、的外れな求人を押し付けられることも多いので注意が必要です。

その他ポイント:担当を比べるためにも、必ず3社以上使う

転職エージェントは、担当を比べるためにも、必ず3社は使うようにしましょう。

どんなに優良な転職エージェントでも、担当者によって経験や対応は違い、以下のようなハズレの担当者に当たる場合もあるからです。

  • 入ったばかりの新人など、飲食業界の知識が浅く、深い相談ができない
  • 伝えた条件に合わない求人を紹介してくる
  • 応募や内定を急かすなど対応が悪い

一社に絞ると、こうした担当に当たっても比較ができず、イマイチなサポートに頼って失敗する恐れがあります。

一社のみ登録

複数社使うことで担当ごとのサポートの良し悪しがわかり、1人に足を引っ張られて失敗することは無くなります。

複数社登録

いくつ登録しても無料なのは変わらないため、優秀な担当を見極めるためにも、少なくとも3社は使っておきましょう。

また、エージェントごとにパイプの強い飲食店・企業が違うので、複数登録には、求人の選択肢が大幅に増えるメリットもあります。

必ず、以下から3社は選んでおきましょう。

サポート力 実績 求人数
1位.クックビズ
2位.フーズラボエージェント
3位.個人店のミカタjob
4位.itk
5位.リクルートエージェント

転職エージェントの利用の流れは?

大まかな流れは以下の通りです。

  1. ネットから申し込み
  2. エージェントと面談(対面かWEB、電話)
  3. 求人紹介を受ける
  4. 応募
  5. 面接
  6. 内定

最初の面談ではこれまでの職歴や、転職先の希望条件が聞かれるため、おおまかに整理しておきましょう。

面談は、どのエージェントも現在はオンラインや電話で行うケースが多いです。

申し込みから内定まで数日という場合もあれば、長くて3ヶ月かかるケースもあるため、余裕を持って早めに申し込みをしておきましょう。

5. 飲食業界の転職に使えるエージェント以外のサービス

転職エージェント以外で、飲食業界の転職に使えるサービスには以下があります。

  • 求人サイト:求人が載っているサイトで、そこから自分で応募する
  • ハローワーク:全国の求人が集まっていて、仕事が探せる公共の職業紹介所

ただし、下記のように、いずれも転職エージェントにはあらゆる面で劣るのでおすすめしません。

もらえる情報 求人内容 サポート
転職エージェント
デメリットも含めた深い求人情報

良質な非公開求人、数多い

相談〜内定後の交渉まで
求人サイト
写真付きの求人情報

公開求人、数多い
×
自分でやる
ハローワーク
文字の求人情報だけ

数は多いが低品質

求人紹介、簡単な選考対策のみ

まずはこれまで紹介した転職エージェントを使い、万が一うまくいかなかった方のみ、これらを使いましょう。

5-1. 求人サイトのおすすめ

求人サイトは、サイト上に求人がたくさん載っていて、そこから個別に応募していくサービスです。

飲食業界の方は、専門の求人サイトがあるので、それを使いましょう。

おすすめは「フーズラボ」で、他サイトと比べても圧倒的に求人が多いです。

飲食専門の求人サイト 求人数
フーズラボ 約15,000件
求人飲食店ドットコム 約3,500件
クックビズ 約700件(直接応募できる件数)
食ジョブ 約550件
テンポスジョブ 約500件

フーズラボ

foodslabo

フーズラボ」は先ほど紹介したフーズラボエージェントと同じサービスで、求人サイトとしても使うことができます。

求人数は飲食専門のサイトでも圧倒的に多く、全国のあらゆる業態、職種の求人に対応しています。

LINEのように企業とチャットでやり取りできる機能があり、堅苦しいやりとりが苦手な方でも使いやすいです。

フーズラボ公式:https://foods-labo.com

5-2. ハローワークの使い方

求人サイトでも決まらなかった方は、最終手段としてハローワークを使っても良いでしょう。

ハローワークには日本全国の飲食業界の求人が集まっていて、求人の数だけはとにかく多いです。

ただ、これまで紹介してきた民間のサービスに比べると、人材を使い捨てにするようなブラックな職場が多い傾向があります。

以下から求人が調べられますが、あくまで最終手段として使いましょう。

https://www.hellowork.mhlw.go.jp/kensaku/

なぜブラックな求人が多い?

ハローワークは、企業がいくら採用を繰り返しても、無料で使える仕組みがあるからです。

民間の転職エージェントや求人サイトでは、採用が決まると求人を出していた企業が、紹介料としてまとまった料金を支払います。

service_flow

すぐに人が辞め、採用を繰り返すブラックな業者がこれらを使うと、何度も紹介料を払うことになり、大赤字になってしまいます。

一方で、公共サービスのハローワークは求人の掲載が無料で、採用が決まっても一切料金がかかりません。

そのため、こうした採用を繰り返す企業は、無料のハローワークだけを使って募集をしているケースが多いのです。

危険な求人も多いハローワークはあくまで最終手段とし、まずは転職エージェントなどの民間サービスを活用しましょう。

6. 転職エージェントを最大限活用するためにすべき8つのこと

ここでは、転職エージェントの裏事情も踏まえ、最大限活用するためにすべき以下8つのポイントを紹介していきます。

  • 最初の申し込みを丁寧に行う
  • 希望の転職時期は「1日でも早く」と答えておく
  • 経歴・スキルに嘘はつかない
  • 複数のエージェントを使っていることは隠さない
  • 少なくとも2週に一度はコンタクトをとる
  • 担当者が使えないと判断したら付き合わない
  • 「転職したら3年は頑張りたい」と言っておく
  • 最低限のマナーは守る

6-1. 最初の申し込みを丁寧に行う

優秀な担当者をつけてもらうために、登録時の情報入力は省略せず、できる限り丁寧に行いましょう。

入力が適当だと、「この人は転職するかわからないから、実力ある担当をつけるのはもったいないな。新人に任せてみよう。」となり、優秀な担当がつかないリスクがあるからです。

下記を意識し、転職への熱意を伝え、優秀な担当をつけてもらいましょう。

  • 入力が任意の箇所でもできる限り全て埋める
  • 転職予定時期を選ぶ箇所があれば、「すぐにでも」やそれに近い回答を選ぶ
  • 経歴を書く場面があれば、強みになりそうな経歴は省略せずに書く

6-2. 希望の転職時期は「1日でも早く」と答えておく

最初の面談でも、エージェントに希望の転職時期を聞かれますが、「1日でも早く転職したい」と答えておきましょう。

エージェントは内定が決まって初めて企業から手数料がもらえ、それが個人のノルマになったり、ボーナスを決める要因になります。

以下のような方はどんなに優秀でも、自然と対応の優先度が下がります。

  • 転職予定がかなり先
  • そもそも転職への意欲が低い

すぐにでも転職したい意思を伝えることで、「早く売り上げにつながる人」と判断され、優先的に対応してもらうことができます。

6-3. 経歴・スキルに嘘はつかない

求人を紹介するにあたって最初に経歴やスキルを聞かれますが、なるべく嘘のない回答を心がけましょう。

転職エージェントにとっては、転職する本人だけでなく、手数料をくれる企業との関係も大事です。

いざ働き始めてから「紹介された人材が話と違う」となると、エージェントは企業からの信頼に傷がつきます。

やり取りの中で嘘がわかると、企業との関係が悪くなるのを恐れて求人紹介が減るため注意しましょう。

6-4. 複数のエージェントを使ってることは隠さない

転職エージェントを複数使う場合、他社も使っていることは、それぞれに隠さず伝えましょう。

言いにくいと感じるかもしれませんが、隠すのには以下のリスクがあります。

  • あなたの希望求人のイメージに誤解が出る
  • 結果として、的外れな求人紹介ばかりになる

すでに他社で応募した求人を紹介されたときに、隠していると「すでに応募済み」とは言えず、適当な理由で断るしかなくなります。

これを繰り返すと、本当はあなたに合った求人も、「前に似た求人を断られたな」と思われ紹介されなくなり、希望とズレたものばかり紹介されるようになります。

こうならないためにも、他社を使っていることは、話しておきましょう。そもそも複数社使うのはごく普通のことで、気にする必要はありません。

6-5. 少なくとも2週に一度はコンタクトをとる

登録後は、少なくとも2週に一度は、エージェントにコンタクトを取るようにしましょう。

長期間連絡しなかったり、応募をしない期間が続くと、「転職が決まって活動を終了した」と判断され、求人が紹介されなくなります。

以下のような簡単な質問でいいので、日頃からこまめにしておきましょう。

  • こういった求人はないか
  • 〇〇の求人について、具体的に知りたい

自動的に、後回しにされるリスクも

転職エージェントは、企業から紹介の依頼を受けると、自社のシステムから転職活動中の候補者を絞ります。

その際以下のように情報の更新日(最後にコンタクトを取った日)が新しい人から順に候補者が表示され、エージェントはこれを見て求人紹介をしていきます。

agent_display

更新日が古いとあなたの名前がエージェントの目にも触れず、機械的に後回しになるリスクがあります。

この点も意識し、こまめに連絡は取るようにしましょう。

6-6. 担当者が使えないと判断したら付き合わない

どんなに大手の優良エージェントでも、仕事のできない担当者は存在します。そういった担当に当たってしまったら利用をやめましょう。

具体的には下記に2つ以上当てはまったら、危険なので、担当を変えてもらうか、そのエージェントの利用を止めましょう。

付き合うべきではない担当者の特徴
  • 業界知識が乏しく、深い話ができない
  • 転職に関して話していても経験を感じられない
  • 希望した条件以外の的外れな求人ばかり紹介してくる
  • あなたの都合を考えずに、応募を強要してくる(営業感が強い)
  • 必要な連絡や手続きが遅い、ミスが目立つ

2つ以上当てはまった場合、下記の方法で担当を変えるか、そのエージェント自体の利用を止めましょう。

担当を変えたい場合

担当者を変えたい場合は、問い合わせフォームに以下の文章を送りましょう。

件名:担当変更のご相談

いつもお世話になっております。(あなたの名前)です。

私は現在、(担当者名)様に転職サポートをして頂いており、熱心なアドバイスや求人紹介には大変感謝しております。

しかし、(担当者名)様の考える転職プランと私の理想にズレを感じており、ご本人にも何度か相談しましたが、改善も困難と考えております。

つきましては、もし可能でしたら、担当者を変更していただけないでしょうか。

お手数かけますが、何卒よろしくお願いいたします。

担当者に直接伝える方法もありますが、言いにくいと感じる方が多いです。

各社公式ページやマイページで問い合わせフォームを用意しているため、これを活用しましょう。

エージェント自体の利用をやめる場合

基本的に面談や面接の約束をしていないのであれば連絡を無視すれば大丈夫です。

ただ、連絡がしつこくくる場合は、退会の手続きをしましょう。

エージェント自体の利用をやめる場合は、問い合わせフォームや担当者へのメールで、以下の文章を送りましょう。

件名:退会手続きのお願い

〇〇エージェント 〇〇様

いつもお世話になっております。(あなたの名前)です。

この度、転職活動を休止することとなり、それに伴い退会の手続きをお願いしたいです。

(担当者名)様には、親身に相談に乗っていただき、たくさんの求人をご紹介いただいたのですが、改めて自分のキャリアを考えた際に、もう少し今の職場で頑張ろうと思いました。

熱心にサポートして頂いたにも関わらず、申し訳ございません。

お忙しい中恐縮ですが、ご対応のほどよろしくお願い申し上げます。

退会にあたって、料金がかかるなどのペナルティは一切ありません。

6-7. 「転職したら3年は辞めずに頑張りたい」と言っておく

エージェントに対して、「転職したら3年は辞めずに頑張りたい」と日頃から言っておきましょう。

転職エージェントは、転職した人が早期退職すると、企業から受け取った手数料を返還する決まりがあります。

転職してもすぐ辞めそうな人は、結局売り上げにつながらない可能性が高く、エージェントにとってサポートするメリットが薄いです。

紹介される求人が減ることもあるため、こうした見られ方をしないためにも、長く続ける意思は示しておきましょう。

また、前職の不満のようなネガティブな話ばかりの人も、「文句ばかりで仕事が続かない人」という印象を持たれやすいです。

こうした話はしすぎないよう注意しましょう。

6-8. 最低限のマナーは守る

エージェントとのやり取りでは、面談の時間に遅れない、遅れる際は連絡を入れるのように、最低限のマナーは守りましょう。

こうした常識がないと、「マナーがない=企業にも悪印象を与える人材で内定の見込みが少ない」と判断され、対応の優先度を下げられます。

また、担当者も人間ですから、個人的な感情で、力の入れ具合が変わることも多いです。

応募先だけでなく、エージェントに対しても感謝の気持ちを持って、丁寧な対応を心がけましょう。

7. 飲食業界の転職についてよくある質問

最後に、飲食業界の転職についてよくある以下の質問に回答していきます。

7-1. 飲食業界にはどんな職種がある?

働く場所ごとに、主な飲食業界の職種をまとめると、以下の通りです。

お店で働く場合
接客担当 ・店での接客を行い、ホールスタッフとも呼ばれる
調理担当 ・店で出す料理を作る
・調理師免許があると、メニュー考案も任される料理長も目指せる
店長 ・店舗の運営業務を行い、スタッフの管理も行う
・複数の店舗を管理するスーパーバイザー、エリアマネージャーに昇進も可能
本部で働く場合
店舗開発 ・出店エリアを決めたり、物件を探す
・エリアの競合店の調査も行う
商品開発 ・店で出すメーニューやレシピを考案する
マーケティング、販売促進 ・キャンペーンなど、店の売り上げアップの作戦を立てる

飲食業界向けのエージェントでは、主にお店で働く職種の紹介が受けられます。

チェーン店などの本部の職種は、「リクルートエージェント」や「doda」といった有名な大手の方が求人は充実しています。

7-2. 飲食業界の転職は40代以上でもできる?

人手不足の業界ということもあり、経験のある方であれば、40代以上でも普通に転職は可能です。

飲食店の仕事は体力勝負なこともあり、20~30代までを対象とする求人が多いのは確かです。

ただ、料理長候補など、調理の経験が活かせるタイプの求人は、中高年も歓迎していることが多いです。

7-3. 飲食業界の正社員は何がきつい?

飲食業界の正社員の仕事は、以下の点できついと言われることが多いです。

  • 勤務時間は不規則で、長時間勤務が多い
  • バイトの急な欠員で休日がなくなるなど、休みが取りにくい
  • 給料が平均以下
  • クレーム対応が大変

飲食業界は利益率が小さいこともあり、人件費が削られて、ブラックなきつい職場も多いのが現実です。

それもあってか、2022年の調査では、全業界の中で最も離職率が高いことがわかっています。

toukei_data

引用:厚生労働省「令和4年雇用動向調査」

そのため、他の業界以上に、転職では応募先の下調べが重要です。

必ず転職エージェントを使い、求人票には載らないデメリットなど、現場に詳しい担当に確認しながら転職を進めましょう。

「求人票通り本当に休みは取れるのか」など、聞きにくいことは積極的に担当に確認を取ってもらいましょう。

7-4. 飲食業界から他の業界に転職できる?

以下のような、未経験でも始めやすい職種であれば、転職は可能です。

転職しやすい理由
営業職 実績やスキルよりも、コミュニケーション能力や人間性が特に採用で重視される
ITエンジニア ・業界全体の成長に人手が追いつかず、人手不足の会社が多いため比較的入りやすい
・未経験者向けの研修制度が充実した会社も多い
事務職 特別なスキルがなくても、エクセルやワードなどの基本的な操作ができれば採用してもらえる

この中でも、収入にこだわりたい方には、「営業職」、「ITエンジニア」の2つがおすすめです。

いきなり高収入の仕事にはつけませんが、3年以上など一定期間働くことで、次の転職で高収入が目指せる可能性が高いからです。

高い営業スキルや、エンジニアとしてのスキルは、転職市場でも高く評価され、年収800万円を超えることも珍しくありません。

他の業界に挑戦したい方は、「リクルートエージェント」や「doda」といった幅広い業界に強い大手エージェントを使いましょう。

まとめ

飲食業界向けの転職エージェントについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

飲食業界の転職エージェントは、以下の方法で選んでおきましょう。

  • 選び方1. 飲食業界専門のエージェントを選ぶ
  • 選び方2. 実績・知名度のある大手を選ぶ
  • 選び方3. 飲食業界の求人が豊富なエージェントを選ぶ

20社以上から厳選したおすすめランキングTOP5は以下の通りです。

サポート力 実績 求人数
1位.クックビズ
2位.フーズラボエージェント
3位.個人店のミカタjob
4位.itk
5位.リクルートエージェント

当ページの内容が、あなたの転職成功のお役に立てることを、心から祈っています。